人生で欲に立つ情報をお届け

新生活のストレスを解決する方法!

 皆さんこんにちは、こんばんは、おはよう。
 ブログ管理人のハラです。

 皆さん、新しい年度もはじまり、気分新たに新生活をすごしているのではないでしょうか。

私は、朝の満員電車が嫌すぎてどうにかなっちゃいそうです。都会って、たまに行くから、ワクワクしますが、慣れてしまうと、途端に息苦しくなりますよね。

かくいう私も、つい先日、少し離れた自然あふれる平和な土地でピクニックをしてきたところです。
自然に触れるってのは、大人になってからでも楽しいもんですね。

かなり癒されますよ。そよ風に揺られながら。おいしいおにぎりを。リュックの中には酒を。

しかし、花粉には注意ですな

皆さんも
いろいろストレスのかかる新生活の合間にぜひ。


  

◎症状

さて、そのストレスの要因って何でしょう?
学生なら、友達ができるだろうか、クラス替え悪かった、、、
などでしょうか。


社会人となれば、有無もいわさず、上司や取引先との関係ですよね。
ある程度、期待してしまった会社像とのギャップにあきあき。
今年の新入社員の教育任されたよ、、、

などなど、あげられますね。

で、皆さん、こういった悩みに共通しているのはなんでしょうか。


簡単ですが、人間関係ですよね。
新しく関係を築くのってしんどいですよね。気力も気も気配りも使わないといけないですからね。


こういった悩みを解決していきたいのですが、
もちろん、人里離れた土地にリフレッシュへ🚌→

ってのも有効でしょうが、これはただの気分転換にすぎません。
根本的に解決したいですよね。


◎解決法

●学生


まず、あなたが学生だという場合、人間関係の悩みって、友達関係と部活の先輩の二つで収まると思います。
ちなみに私は両方とも困ったことはありませんでした。

まず、友達ですが、作ろう作ろうとして、上手くいっても、なんだか話してるのもしんどいなぁ。。。

てなると思います。
友達を作るのは、少なくてもいいのです。何か趣味の合いそうな人に、何気なく声をかけてみましょう。
おんなじ班の子でもいいです。話しかけてくれたこにでもいいです。
「(自分の趣味)やったりする?わかる?」
これで大丈夫です。難しいですか?

やってはいけないのは、笑いを狙って、変なこをと言う事です。相手は困ります。
自分がやられたのを考えてみてください。

なんやこいつ、要注意や!!

てなもんです。
ぜひ注意して、声をかけてください。


先輩が嫌いなあなた。
これは一言。   


気にするな。先輩てそういう生き物なんだぜ。

はい。そんな先輩にならないよう気を付けましょう。間違っても立てついてはダメです。あっという間に部内の異端児です。あなたの憧れが本田選手なら私は止めません。
彼の度胸は才能です。。。カッコいい。



 ●社会人
 
私的には、社会に出てからの先輩は簡単です。こちらは学生時代とちがって、2年一緒にいれば離れるわけではありません。

ですから、何年も付き合うことを前提につき合いましょう。

一、ストレスを感じないためにも、なるべく早く、その上司の中身を知りましょう。
    :詳しく知っている人の方が、他人に叱られている感がなくなります。

一、自分がスキルを身に着けていっていると思う。
    :感情のコントロールになってきますが、これは重要です。ようは気の持ちようというこ     とです。それは違う。と断言できることを教えられたら、そのときは聞き流しましょ      う。無駄なスキルはいりませんから。

一、最初をを乗り越える。
    :は? という方へ、会社は本来業績を上げる社員を重視するはずの環境にあります。
     仕事ができるというなら、それで立場はよくなるはずです。その時を待つのです。
     残念ながら会社はそういうところです。ですから、少なくとも、あなたが、客観的に見     て、戦力とおもえるまでは、上司からスキルを身につけましょう。


なんだか、心の話ばかりをしましたが、私は、何をするにも、まず心だと考えます。

ヨーロッパで活躍する、トップのサッカー選手たちも、試合ごとのメンタルで、パフォーマンスが大幅に左右されます。監督の評価基準では、選手達の士気を維持させることもあたりまえのように重要視去れています。

まずはやる気ってやつです。

ですが、それはもちろんやる気を出せる内容に限ります。

不本意なないようであるならば、無理せず、環境を変えるべきです。
今は、道を変えやすい時代ですからね。


◎まとめ

新生活にかかるストレスは、気の持ちようで、大幅に改善されると思います。
今回あげなかった内容についても、あてはまるのではないのでしょうか。

皆さん、私と一緒に、お盆までレッツゴーです。。。