専門店の店舗・店頭を演出する看板専門ショップです。

繁盛店活性化プロジェクト

繁盛店に共通する5つのPR戦略~お金をかけず短期間で生まれ変わる販促アイデア

専門店経営経営は老舗の有名店とともに新たにお店が誕生しますが、競争の波に乗れず人知れず廃業する例も多く見られます。繁盛店に見られるお客様からの熱い支持はどこから出てくるものでしょうか。そして、繁盛店に共通するものとは。この法則がわかれば、新規客が伸びないときでもきちんと体制を整え飛躍のためのホップ→ステップ→ジャンプへと階段を上ることができます。まず、繁盛店に見られるPR戦略について5つのキーワードを紹介します。広告費は特別なセールで使い、日常の情報戦略はパソコンと人材を活用して繁盛店づくりを実践します。
繁盛店5つのPR戦略  ①店頭ポスターと店内POP
 ②手配りチラシと販促企画
 ③HPによるPRとコミュニティ
 ④広報戦略と口コミ拡散
 ⑤情報共有化と人材活用

まず簡単に項目の説明をします。詳細と具体的な対応策は各ページで解説します。
その前に、まず確認事項と解決策を5つの項目に分けて解説します。店舗立地が人通りが多いことだけが人気店の条件ではありません。お店のコンセプトとその共感を呼ぶ空間を作るヒントを考えましょう。基本はアイデアとちょっとした小物で実現する、45日で繁盛店に変わる実践モデルです。



ブラックボード 看板 片面 アンティーク/ハンドメイド風 スタンド

成果がなければ月額料金はゼロ!固定費不要でリスクなく始められるアフィリエイト販売~もしものアフィリエイト広告主に無料登録

①商品構成と価格構成 商品の売り上げ構成がコンセプトと客層の分析結果と重なっているか確認しましょう。プラス季節のイベントの積み上げ対応を同時に考えて商品戦略を組み立てます。定番商品とリスクはありますがイベント商品を加えることで変化をつけます。

②お店のコンセプトとお客様サービス満足度 商品の売れ行きがなんとか達成されていると、コンセプトの方をずらしてしまいがちです。しかし基本軸はしっかりと繰り返し確認します。その満足度がお客様のライフスタイルや商品満足度に一致しているのかも重要なテーマです。

③外装デザインと入口付近の目線・誘導デザイン 大型看板がないから集客力が落ちているわけではありません。外装デザインはテントの色落ちや汚れにも気を遣い、全体の色と形状のバランスを通路側から見ます。たった1つの立て看板を掲げるだけで新規のお客様が入店する工夫もしてみましょう。

④季節感を伴うアクティブな演出と賑やかさの演出 繁盛店には賑やかさがあります。POPも重要ですが、基本は商品とセールの関係に基づいており、経営内容が細ると賑やかさも委縮しがちになります。「お客様が喜ぶ演出」は、きちんとしたシナリオがあって初めてお店のにぎやかさに反映されるものです。

⑤Webサイトでしっかり情報発信とコミュニケーション Webサイトは情報の量にほぼ制限がないくらい十分すぎる情報の発信が可能です。一方、アンケートなど無料で声を聴く双方向のツールでもあります。入荷商品・開発商品や日々のイベントなどアクティブに活用しましょう。