豚タンは、脂肪が少なめで、あっさりしていて栄養価の高い部位

豚タン

豚タンは、豚の舌で長さは約15cm、牛タンに比べると小さく、脂肪が少なくてあっさりしています。先端より根元のほうが柔らかく脂肪が多いです。根元は、タンもととして出され、人気の部位です。
ビタミンA、ビタミンB₂、鉄、タウリンを多く含み、栄養価が高い部位です。

豚肉の部位

豚タンの食感・味

食感は、コリコリしていて歯ごたえがあります。味は、あっさりしていて上品ですが、ほどよいうま味があります。薄切りで出されることが多いですが、鮮度が高ければ厚切りでも歯切れよく食べることができます。

おいしい食べ方

豚タンだけでも十分においしいので、シンプルな味付けがおすすめです。塩ダレ、塩コショウ、甘口ダレでシンプルに食べたいですね。

豚タン

おいしい焼き方

レア」で、表面はカリカリに中心部はジューシーな味わいになるように焼くのがおすすめです。中心部まで火を通す時は、遠火でじっくりと焼くのがいいでしょう。

合うお酒

・ワインなら、白ワインのシャルドネがおすすめです。
・日本酒なら旨口の冷がおすすめです。
・ビール