リブキャップは、リブロースの背中側の肉で、見た目は牛肉の中でも最高の美しさ

リブキャップ

リブロースは、サーロインと並んで高級牛肉とされ、肩ロースとサーロインの間にあります。リブキャップは、そのリブロースの最も背中側にあります。リブカブリとも呼ばれ、希少度が高い部位です。、霜降りになりやすく、きめが細かで見た目の美しさは牛肉のなかでも最高といわれます。焼肉の他、ローストビーフ、しゃぶしゃぶなど肉本来の味が出る料理に使われることが多いです。

リブキャップの食感・味

やや脂っぽさを感じることもありますが、味は、ほど良い甘味があり上品で濃厚です。

おいしい食べ方

脂が多いタイプなので、味付けは、サラッとした甘口ダレやわさび醬油・にんにく醬油がおすすめです。他には塩ダレで、あっさりと味わうのもいいでしょう。薄切りのほうが、脂を抑えて食べることができます。

おいしい焼き方

薄切りの場合は、「レア」で、強火で脂をよく溶かして食べるのがおすすめです。
厚切りの場合は、じっくり火を通して焼きましょう。

合うお酒

・ワインなら、フルボディの赤ワインがおすすめです。
・日本酒なら、しっかりしたタイプがいいでしょう。

お肉の贈り物【肉贈】