レバーは、鶏の肝臓で、柔らかくフワッとして、濃厚な味わいが魅力

レバー

レバーは、鶏の肝臓で、ビタミンAを多く含む栄養価の高い部位です。鉄分も多く含み、貧血にいいのはよく知られているところです。
肝臓といえば、フォアグラが有名ですが、白レバーというメニューで出され、これは脂肪肝に当たります。鶏のフォアグラは天然では数十羽に1羽程度しか取れない超希少部位になります。


レバーの食感・味

食感は、ふんわりと柔らかく、濃厚なコクがあります。
新鮮で質の良いレバーはチーズのような濃厚な味わいがあります。

おいしい食べ方

レバーの濃厚な味わいを最も引き出すのは、何と言ってもタレで、レバーのコクと絡み合って最高の味わいを楽しめます。次に塩がおすすめで、タレと比較してあっさりした味わいになります。

鶏のレバー

おいしい焼き方

ミディアム」で、ふんわりと柔らかさを保つように焼き上げるのがおすすめです。遠火でじっくりと火を通しましょう。

合うお酒

・ワインなら、レバーの濃厚さに負けないフルボディの赤ワインがおすすめです。
・日本酒もしっかりしたタイプが合います。

【焼肉のたれ にんにく10倍】