消費者が牛肉を安全に食べるために作られたのが牛トレーサビリティ法

牛トレーサビリティ法とは?

牛トレーサビリティ法は、安全な牛肉を安心して食べることができるようにという目的で、平成16年12月1日から始まりました。正式には、「牛の個体識別のための情報の 管理及び伝達に関する特別措置法」といいます。 牛の一頭一頭には、「個体識別番号」がつけられており、国産牛肉の生産履歴(牛が、いつ、どこで生まれて、どこで育ったかなど)がわかるようになっています。

「個体識別番号」とは?

牧場で見る牛の耳にカードがぶら下がっているのを見たことがあると思います。このカードには、10桁の数字が書いてあります。これが「個体識別番号」です。
この他にスーパーなどの牛肉のパッケージにも10桁の「個体識別番号」が記載されています。

牛肉の生産履歴を調べ方

牛肉の生産履歴を調べるには、家畜改良センターのホームページで個体識別番号を入力すれば、その牛の出年月日・雌雄の別・母牛の個体識別番号・品種などを簡単に調べることができます。
ただし、こま切れ、切り落とし、カレー用、挽き肉(牛ミンチ、合挽きミンチ)、ホホ肉、タン、内臓肉(ホルモン各種、ハラミ)、調理済み・加工済み商品(ハンバーグ等)、外国産の牛などは表示義務対象外となります。

牛トレーサビリティ法の効果

牛トレーサビリティ法が制定されたおかげで、牛肉の生産者、流通まですべてが追跡できるようになったため、BSEから牛を守ることができるようになりました。
また、悪質な食肉偽装を防止することにも役立っています。



◆自分へのご褒美やギフトに◆5つ星ホテル直営極上飛騨牛焼肉用肩ロース★MEGA1kg【RCP】 【あす楽対応】【楽ギフ_のし】【あす楽_point】10P01Mar15