日本の豚肉は、主に6種類

は、もともとイノシシ科の野生動物を家畜化したもので、その後、品種改良によって食用化が進みました。現在では、食肉の中で最大シェアを占めており、その割合は食肉生産量の約4割に上ります。
世界の豚の品種は400種類以上と言われており、ヨークシャー種やバークシャー種などと呼ばれて分類されています。
日本の豚の品種の8割以上は、次の6種類の中から3~4品種を掛け合わせた交雑種です。

大ヨークシャー種

イギリス北部ヨークシャー地方原産。大型で、毛色は白。
赤身と脂身の割合がよく、ベーコンなど加工用全般に適しています。

中ヨークシャー種

イギリス原産。中型で、毛色は白。
以前は日本の養豚の95%を占めていたが、現在は1%以下に飼育頭数が減少しています。皮下脂肪が厚く、肉質が優れている品種です。

ランドレース

デンマーク原産。大型で耳が大きく、毛色は白。
日本の豚肉の主要な品種で、飼育頭数も多くなっています。脂肪が薄めで、赤身の割合がよく、ロースハムやベーコンなど加工用として高評価を得ています。

バークシャー種

イギリス南部バークシャー原産。中型で、毛色は黒のいわゆる黒豚です。鹿児島県をはじめ埼玉県などで飼育されています。
飼育期間が長く肉の量が少ないですが、筋繊維が柔らかくて赤身が強いなど肉質の良さが特徴です。

デュロック種

アメリカのニューヨーク州やニュージャージー州が原産。大型に近く、毛色は褐色。
成長が早いのが特徴です。肉質は、柔らかくて脂肪が多く、きれいなサシ(霜降り)が入ります。

ハンプシャー種

イギリスのハンプシャー原産の豚をアメリカで品種改良。大型に近く、毛色は主に黒。
肩から胸や前肢にかけて帯状に白い毛が入っています。肉質は皮下脂肪が薄く赤身が多い品種です。


よく目にする三元豚とは、品種の名前ではなく、三品種の豚の交配によって生まれた豚のことをいいます。
目的は、より良い肉質と繫殖の安定です。最近では、三元豚にさらにもう1品種を交配させた四元豚も登場しています。


【幻の最高級銘柄豚】藏尾ポークなら美食市