数多く存在するある地鶏の中でも特においしく、生産量が少なくて希少価値が高い「日本三大地鶏」

数多くの種類が存在し、日本鶏の血が50%以上など厳しく規格されている地鶏ですが、その中でも特においしいといわれているのが「日本三大地鶏」です。
生産量も少なく希少価値の高い「日本三大地鶏」ですが、次にあげる3種類になります。

名古屋コーチン

明治時代初期、名古屋にいた在来種と中国のバフコーチンを交配させて作られたのが「名古屋コーチン」です。
最もおいしいとされる生後5か月頃出荷されます。
食感は、歯ごたえと弾力性があり、味も濃厚なうま味があります。鍋や焼き鳥などさまざまな料理に使われています。

比内地鶏

比内鶏は、秋田県北部で飼育されてきた日本固有の品種で、1942年に国の天然記念物に指定されました。比内鶏は成長が遅く病気にもかかりやすため、ロードアイランドレッド種と交配して作られたのが「比内地鶏」です。
食感は柔らかく、味は濃厚で脂もうま味があっておいしいです。秋田名物「きりたんぽ」にも欠かせない食材のひとつです。


余談ですが、秋田県に行った時、武家屋敷で有名な角館で食べた比内地鶏の親子丼の味は最高でした。

薩摩地鶏

薩摩鶏は、大型の地鶏で鹿児島県で飼育されてきた地鶏で、1943年に国の天然記念物に指定されました。繫殖が大変難しく、白色プリマスロックと交配して作られたのが「薩摩地鶏」です。
食感は、弾力性があり、味は甘味があっておいしいです。刺身など生で食べられるのも特徴で、その他焼き鳥や薩摩汁にも使われています。
平成17年に「地鶏・銘柄鶏食味コンテスト」で最優秀賞を受賞しています。


鳥刺し たたき 刺身 名古屋コーチン 生肉 刺身 地鶏 コーチン鍋 もも肉 300g ハロウィン クリスマス ギフト