シンシンは、脂肪が少なく、なめらかな舌触りが心地よい、  赤身がメインの部位

シンシン

シンシンは、牛の後ろ脚の付け根の内ももより下の内側ににあるしんたまの中心部に位置しています。「しんたまの芯」というのが名前の由来で、他に「マルシン」「ナックル」と呼ばれることもあります。
肉質は筋はありますが、きめが細かく柔らかいです。弾力のあるなめらかな食感が特徴です。
赤身のうま味がメインの部位で、牛肉の中でも脂肪が少なく、タタキなどにも使われます。

シンシンの食感・味

食感は、柔らかく、なめらかな弾力があります。味は、クセがなく脂もしつこくない食べやすい部位です。上品な味わいが通好みの部位ともいえます。

おいしい食べ方

味付けは、濃厚な味が好みなら甘口ダレ、さっぱり味わいたいなら塩コショウがおすすめです。他には、わさび醬油もいいでしょう。
中落ちカルビ

おいしい焼き方

レア」で、表面をサッと炙る程度がおすすめです。焼いてもうま味は出ないので、焼き過ぎには注意が必要です。

合うお酒

・ビール
・ワインは、赤ワインならブルゴーニュ系、白ワインならシャルドネ系が
 おすすめです。
・日本酒は、うま味のあるタイプ


最上級A5A4ランク 国産黒毛和牛もも肉シンシン焼肉用500g 究極のもも肉 究極の赤身 バーベキュー 牛肉