中性脂肪を落として、やせていたあの頃に戻りたいと思ったことはありませんか?

中性脂肪を落として、やせていたあの頃に戻りたいと思ったことはありませんか?

中性脂肪が不可欠以上に体内に蓄積されてしまうと、余分なエネルギーとして扱われ皮下脂肪となったり、血液や肝臓に蓄積されてしまいます。

中性脂肪は必要なエネルギーですが、多すぎてしまうと肥満・動脈硬化などのきっかけとなってしまいます。

または脳梗塞や心筋梗塞、肝硬変へと症状が進んでしまうのです。

中性脂肪とは違う役割りを果たすコレステロールも、摂取しすぎると同じような症状へと進んでしまいます。





日本人はコレステロールよりも中性脂肪の方が接収しすぎている性質にあります。

多くの病の元となる中性脂肪を増やさないためにも、食生活やいつもの暮らしの再考が不可欠となるのです。

メタボ診療も開始されるほど、健康への見直し化は進んでいますが、それだけ中性脂肪の多すぎる体は不健康、病予備軍となり危ういだという事なのです。

また、中性脂肪は少なくてもよくないのです。

中性脂肪が少ない人は痩せているということになり喜ぶ人もいますが、あまり良くないことなのです。

中性脂肪が少なすぎると体調を崩しやすい体になってしまうのです。

中性脂肪は体温調節をしたり、臓器を外部の刺激から守ったり、いざという時何日間か食事をしなくても済むようにエネルギーを蓄えるという役割りがあるのです。

ですから、少なくても多すぎても良くないのです。

いつもから決まった的に血液検査や健康所見を受けて数値を理解しておくといいでしょう。