50歳過ぎてからの結婚も今は珍しい世の中ではない。

やっぱり、いくつになっても出会いがほしい。





遠く離れた故郷に、一人暮らす母を想ってユメルとネルルを贈ってあげたい・・・・・

そう思う方も多くいらっしゃいます。

実際、毎日、お人形に話しかけて、日に日に元気になった方もいらっしゃいます。
畑仕事をして帰ってきた後でも、話し相手がいるから寂しくないとおっしゃっておりました。

でも、お人形は1人暮らしされている方や認知症の方だけのものではありませんよね。


ユメルを持つ男性と、ネルルを持つ女性が知り合って結婚してもいいわけです。

何歳になろうが、一緒にいたいと思うパートナーがいてくれればいいなと思う事でしょう。

シニア層と呼ばれる方々も、今は出会いに積極的な人がとても多くいらっしゃいます。


皆さんは、「友情結婚」というのをご存知でしょうか?

結婚するという事は、役所に届け出を出して子孫を残して・・・相手のご先祖様を敬って・・・・
長男の嫁として・・・・姑がどう・・・・とか

そんなイメージですが、

友情結婚とは、ざっくりいうと、

「性愛関係無しで、友情以上の家族愛で婚姻関係を結ぶこと」

だそうです。

酸いも甘いも経験されてきたシニア層の方々が、出会いを求める理由は奥が深いはず。

50歳、60歳、70歳を過ぎてから結婚する人は、今はもう珍しい話ではありませんよね。

「歳を重ねてから結婚できる人は、芸能人ばっかりだ」

だなんて思っていませんか?

そんなことないと思いますよ。

テレビを見ている時間が、出会おうとする活動時間より多いから、そう思うのかもしれませんよ。

この友情結婚に特化した結婚相談所があるそうです。

固定概念が吹っ飛ぶような柔軟な出会いが待っているかもしれませんよ。