美白・日焼けケア・肌のハリ・艶が出てクスミがなくなる  サプリメントのお役立ち情報を紹介!

美白の決定版!日焼けケア・肌のハリ・艶を取り戻しクスミ・シミのなくなる  サプリメントです

結論から記せば、美白の決定版である日焼けケア・肌のハリ・艶が出てクスミのなくなる美白成分・サプリメントというのは、SNSでも話題の紫外線対策等の成分を配合した、美容サプリ・【マスターホワイト】です。



マスターホワイトの特長は?


①肌へ弾力のあるしっとり感・お手入れの都度実感する成分の、プロテオグリカン・ヒアロコラーゲン・エラスチン等の、肌へ弾力あるしっとり感を育む栄養素を配合。
②肌の、澄んだ輝きを演出する・潤いのある透明感を産む成分の、濁りの原因を排除する高級成分で知られるアスタキサンチンが、キメ細かい透明感を素早くサポート。
美容成分で知られてる、お馴染みのL-シスチン・バラの花びらから抽出するメロングリソディンとが、肌のハリを保って効率的に栄養を吸収させる。
③瑞々しさの続く・整ったキメの強化成分で、絹糸を造り出してるタンパクから採れる貴重なエディブルシルク・セラミド・各種ビタミンを配合。
●美白サプリ・ブライトニング成分×美容成分×マルチビタミン。
●プロテオグリカン・発売当初は“1g3,000万円”の幻の高級成分配合。
●アスタキサンチン・ビタミンEの、約1,000倍の効能へ注目。
●オールインワン美容サプリ・1日目安4粒で食事で摂り難い成分を摂取。
●飲む美容液・美容成分を新鮮な状態のまま抽出。

この直ぐ下の画像・バナーをクリックすれば、もっと詳しい情報・販売サイトへジャンプします。     ↓



日焼けへどんな害があるのか?


貴女も、紫外線と云えば肌等へ害ばかりのある、光線だと思いますよね? ところが、紫外線は人間の健康維持へは必要不可欠な光でもあるんです。
太陽から、地球へ届く電磁波を太陽光線と云いますが、大別すると3種あります。それは、可視光線・赤外線・紫外線です。
問題の紫外線は、赤外線より波長が短い不可視光線で、紫外線も波長の違いから3種へ分けられます。
紫外線の3種は、①UV-C②UV-A③UV-Bですが、①は波長が一番短いので、オゾン層内で吸収されて地表へは届かないので無害です。
次の②は、一番波長が長くて、季節・天候へ関係なく地表へ届き続けます。そして、生活紫外線との別名があり、人体へ害は殆どありません。でも、人体で活性酸素を造り出す影響が強い性質があります。だから、UV-Aを受ければその後徐々に真皮の奥へ浸透して、コラーゲンの破壊・日焼けでの損傷と合わせて、肌へシワ・タルミのでき易い状態となります。

最も対策をしなければならない紫外線は?


次は③のUV-Bですが、紫外線では人体・あらゆる生物へ影響が、最大です。これは、レジャー紫外線と云う名もあって、地表への照射量は3~9月に多くなり、真冬の照射量のほぼ5倍も多くなると云われてます。
而も、表皮へ損傷を与えて、日焼からの炎症・シミ・ソバカス・肌の乾燥・タルミの原因となるんです。
それに、肌へ損傷を与えるだけじゃなくて、免疫力を下げる等の健康へも被害があります。
これら、2種の紫外線は曇天でも地表へ、サンサンと届き続けるんです。だから、季節・天候へ関係なく対策をしなければなりません。

紫外線を受け過ぎる健康害は?


①前項で記したように、貴女も気になってる肌への損傷があります。UV-A・UV-B2種の紫外線を肌へ受けると、日焼け・シミ・ソバカスができるばかりではなく、肌の保湿力を保つコラーゲンへも損傷を与えて、乾燥・タルミ・小皺が目立つようになり、肌がどんどん老化して行くんです。
②免疫機能の低下が起こり、風邪をひき安くなる・感染症等の疾患を罹患し易くなります。
③目へ悪影響を与え、紫外線の強い場所へ何時間も居れば目が充血し易い人も少なからずあるようです。紫外線は、肌と同じ様に目へも損傷を与え角膜・白目の部位は白内障・角膜炎等の、目の疾患を患わせます。
④血中の疲労物質が増えて、疲れ易くもなるんです。それから、活性酸素がとても増え易くなります。疲労感は、血中の疲労物質の増加・活性酸素の増加で感じ易くなるんです。



紫外線を肌へ受ける利点


①ストレスを発散できる点があり、日光・紫外線を受ければ体内で、歓喜ホルモン・セロトニンが分泌されます。
②ビタミンDを造り出す点で、骨・歯を造るビタミンDは免疫力をあげる効果もあり、風邪をひき難い丈夫な体作りへも貢献するんです。

効果的な紫外線対策は?


日傘・サングラス・帽子ですが、紫外線対策へはUVカット加工・UV 400と記されてるグッズを選んで下さい。
殊に、サングラスは黒ではなくて色の薄い、青色が良いんです。紫外線は、目からも体内へ入るので、戸外へ出る時はした方が良いでしょう。
そして、日焼け止めも有効ですが戸外へ出る前・30分程前から着けなければ効果がないし、何度も着け直さなければ紫外線から肌は守れません。日焼け止めが、紫外線から肌を守れる効果は約2~3時間だと思って下さい。
日焼け止めを着ける部位は、首の後ろ・耳・体の細部へもキチンと、留意して忘れないように。

活性酸素は栄養素でも対策できる


紫外線で、肌の活性酸素量が増えますが活性酸素が増えれば、シミ・クスミの原因であるメラニンが増えます。
栄養素で摂りたいのは、抗酸化作用の高い食品です。それは、ビタミンC・ビタミンE・トマト等の含有するリコピン・海老等の含有するアスタキサンチン・大豆等の含有するポリフェノールが、高い抗酸化作用があります。
①ビタミンAは、β-カロテンの異名があり油と非常に相性が良いんです。油と共に摂れば吸収率があがります。緑黄食野菜が沢山含有してますから、油を使う炒め物等で調理・摂れば効果的です。
コラーゲンの生成促進効果のあるビタミンAは、目のビタミンとも云われて視力へ好影響があります。体内で不足すれば、鳥目のように暗闇では視力の順応が遅くなるし、肌の発育を正常にする効果もあるんです。
だから、肌がかさつき・髪の艶がない時等はビタミンAを摂って下さい。また、風邪の予防等粘膜を強化するので頼りになります。
②特にビタミンCは、美白の栄養素と云われてるんです。美容に良い評価の高いビタミンCは、メラニンを抑える効果もあります。体内で造られ過ぎたメラニンが、肌から排出されなければ色素が沈着して、ソバカス・シミとなるんです。シミの元となるメラニンを、通常の細胞へ戻す効果のあるのがビタミンCであります。
ビタミンCはまた、シミ予防以上にシミを薄くする効果もありますが、熱へ非常に弱いのが弱点です。
③老化を防ぐ作用のビタミンEは、抗酸化作用があります。でも、一度活性酸素を無害化すればそれで効力を失くして、それ以上活性酸素を無害化できなくるんです。しかし、ビタミンCがビタミンEを復活させます。
ビタミンCと相乗効果で、老化予防効果が高まるんです。
④紫外線での、損傷を軽減するリコピン効果は抗酸化作用で、活性酸素を抑制します。その他、リコピンは体内でメラニンを造るチシロナーゼを抑える効果があり、紫外線での損傷も軽減してくれるんです。
⑤肌の新陳代謝促進効果のあるミネラルは、沢山の種類があって種別で効果が違います。肌へ健康・美容効果のあるのは、亜鉛・マグネシウムで亜鉛は、抗酸化作用と同様の効果があるんです。
ですから、不足すれば活性酸素が増えるのを抑制できなくなり、肌のターンオーバーが乱れるし肌の新陳代謝が衰えます。マグネシウムの方は、肌の弾力を維持するのへ必要なミネラルで、日焼けしたらできるだけミネラルを多量に摂らなければなりません。



日焼け・紫外線対策へ効果の高い食べ物は?


外出前の1杯のお茶。ビタミンC含有量の多い苺・アセロラジュース。効果的な栄養が豊富なトマト。自然のコエンザイムQ10を含有するアボカド。新陳代謝を補助するブルーベリー。保湿効果のあるスイカ。
抗酸化作用のあるチョコレート。美肌効果を期待できるキウイ。日焼けで赤くなった肌へ効果のあるビタミンA・E・Cをたっぷり含有する小松菜等で、アナタの健康・美容を守ってくれます。

日焼けを悪化させる栄養素は?


シミを、でき易くするソラレン。炎症を促進するアルコール。老化へも繋がる・活性酸素を創り出す食品添加物。
そして、紫外線を吸収し易くなる柑橘系のソラレンを、多量に含有するのはレモン・オレンジ・ミカン・グレープフルーツ・キウイなので、ビタミンC・美肌効果を得るならば、朝・昼食では摂らない方が良いでしょう。

日焼け後のケアは?


思いがけず日焼けしたなら、肌の手入れを充分にして下さい。日焼けした肌の、火照りを鎮めるには冷やしたタオル等で、肌を冷やすのが効果的です。
肌の火照りが引けば、化粧水・乳液とで保湿して下さい。でも、ヒリヒリするのが治らないなら、クリームを着ければ効果が出ます。それでも、痛みの引かない時は、医療機関で治療をして貰って下さい。
シミなどの原因となるメラニンは、日焼けした後の72時間後頃から肌の中で作り出され易くなります。
なので、日焼けした後のケアは72時間以内に、終えるのを推奨されてるので、この点へ留意して下さい。
日焼け後のケアは、①冷水で冷やしたタオル・保冷剤・氷・冷水シャワー等で、焼けた部位を冷やす。
②充分に保湿をして、肌へ刺激を与えない。
③肌の水分量をあげるように、化粧水を着ける・水分補給をする。
等ですが、水分補給では利尿作用のあるお茶・コーヒー等のカフェインを含有する飲み物は摂らないで下さい。



【マスターホワイト】の効果を最大限に得る方法


①1日4粒目安で、水・ぬるま湯で摂る。
②マスターホワイトは、薬ではないですから、摂るタイミングへ制限はないけれど、メーカー推奨時間は就寝前です。就寝前に摂れば、肌のハリ・艶が出て来た。クスミが取れて透明感が出て来た等の嬉しい便りがたくさん届いてます。
③肌のターンオーバーは、約4〜6週間との検証がありますから、その倍の2〜3ヶ月は継続摂取が推奨です。
④マスターホワイトへ、配合してあるアスタキサンチンは甲殻類から採取してなくて、ヘマトコッカス藻の成分ですから、甲殻アレルギーの不安のある人でも安心して摂れます。
⑤配合成分へ、小麦タンパクを使ってありますから、小麦アレルギーの心配な人は摂取を控えて下さい。



詳い情報・購入は、以下のアフィリエイト広告画像・バナーをクリックして、公式サイトでご覧下さい。







特定商取引に関する表示