受験間近になるとマスクが欠かせない人も出てきますね。でも、マスクって能率には関係ないのかな?

マスクを付けた場合の血中酸素濃度

中学受験で何よりも気を付けたいのが体調管理。

インフルエンザはじめ、いろんな感染病がはやる時期に入試を迎えます。

塾にマスクをつけていくことをお勧めします。

でも・・・実は、マスクって、鼻と口を覆っているので必然的に空気の吸入効率が下がるんです。
マスクというフィルターを通しているのですもんね。

時間との勝負の算数、熟考が必要な国語、ひらめきも求められる理科・・・

酸素が十分行きわたった脳で考える環境にしてあげたいですよね。

私も、このマスクと血中酸素濃度が気になって、塾の先生に聞いてみたことがあります。

すると先生
「マスクをつけてきた日に、ちょっと計算をさせますね。で、マスクをしてない時とどう違うか見ます。われわればはそこまでやります!」

となんとも力強い回答をいただいたことがあります。

先生もマスクを付けたときの能率の影響を気にしているんですね。
だから、ママが気にするのは当然だと思います。
それくらい、僅差でこどもたちは戦ってるんです。

できたら、マスクは人と接触する可能性のある電車内や普段の授業くらいにしておいて、
テストの時は取ったほうがいいとは思います。

とても細かいことかもしれませんが、知っているといいかなと思います。