男子って算数はできるのに国語ができない子って多いですよね。男子校を目指すなら、みんな苦手な国語ができると格段に有利に!

国語力アップできれば無双!

小学生男子って、すごい桁の計算は嬉々としてするのに、国語となるとめっぽう弱い・・・ってことがありますよね。

記述文が書けない・・・

この悩みを抱えてる子は多いです。

私は、あるママさんに中学国語を個人的に指導してと頼まれで、低学年から指導して、

そのお子様は最終的には国語の偏差値25アップでこの1月見事の第一志望中学に合格しました。

時間はかかりましたが、一回上がるとめったなことでは落ちないのが国語の学力。

そこまで頑張ってくれたからこそです。

国語力アップは時間はかかります

私はその男の子を小学3年生から指導しました。
担当は国語です。

はじめは、漢字が覚えられない・字が汚い・文章が読めない・当然問題も解けないの
4重苦。

何も特別ではなくて、こんな男の子は普通にいます。

他の教科はできるので、頭はいいのです。

国語って、たぶん感覚で解ける女子なら何も悩みはないのですが、

男の子はこの辺でつまずく。

漢字や語句はやればできるようになります。

文章の読解力は、やっぱり一朝一夕では付きません。

半年以上、模試で言うと3回は時間がほしいです。

途中あきらめなければ、必ず上がる時が来ます。

一旦上がると後はどんな問題が来ても大丈夫なのが国語

学力が上がるまでは、他の教科よりも時間がかかるのが国語。

でも・・・いったん上がると、まず大丈夫なのも国語。

同じ文章がまた出題されるなんてことは、中学入試ではほとんどないのですが、

それでも、どんな文章が来ても、できるようになったらできます。

国語を塾と家でどう勉強するか

中学入試をするならそれなりの進学塾に皆さん言っていると思います。

その塾で、国語の学力のことをどう先生に伝えたらいいのか・・・

悩むお母さまをたくさん見てきました。

私がお勧めするのは、

記述問題を採点してくれた答案を、お母様もお子様と一緒に見て考えること。

なんでここは減点されたんだろう。

先生ならなんて解答するかな?

そんな会話を、面倒でもしてみてほしいです。

できたら、答案は最低3枚は見てほしいです。

(見ているうちに血圧が上がりそうになってきます。わかります。みんなそうです。
ここだけ何とか乗り越えて!)

どうでしょうか。

お子様の作る答案に一定の法則とか見えてきたらしめたものです。

同じような解答の癖で減点されているかもしれない。

それを踏まえて、塾の面談でそのことを話してください。

そこまで、答案を作る癖まで見ているお母様は意外といないです。

いないから、差が付くのです。

これ、やってみてほしいです。