【車中泊・避難生活のお役立ち情報を紹介!】

車中泊・車の中で寝泊まりする危険性・健康害をなくす方法!



車中泊・避難所生活はエコノミークラス症候群の危険性がある

旅行では旅館・被災地での避難生活は、生活支援を受けられる避難所生活が基本です。でも、旅行ならいざ知らず小さな子供・ペットがあれば、避難所へ行けず仕方なしに車中泊をする人もあります。
2016年に起きた、熊本地震被災者の避難生活・車中泊では、重度のエコノミークラス症候群だと診断された大半は、車中泊をされてました。
窮屈・手足を伸ばしてぐっすりと眠れない車の中で、長期・長い時間生活・寝泊りするのは、健康害・リスクがとても高くなってしまいます。
車中泊では、ちょっとでも快適な寝床・環境を造らなければなりません。



さて、旅行などで車中泊をするならば、車中泊用の便利用品がなくても、在り合わせの物でも工夫できます。
貴方が、足を伸ばしてぐっすり眠れるようにするには、車のシートを倒した状態の段差をできるだけ平面にしなければなりません。
シートの隙間・背凭れとの間等の段差は、バスタオル・服をポリ袋へ入れて詰め込めばOKです。
そして、車内は気温が上昇し易いですから、断熱で段ボール・レジャーシート等をカーテン代わりにして、熱・太陽光を遮断すると良いでしょう。
それに、家で毎晩使ってる枕で寝れば、かなり気分が楽・熟睡できる筈です。
また、エコノミークラス症候群予防では、弾性ストッキングを穿けば良いので、ドラッグストアで手に入る物でも予防効果はあります。
それから、被災・避難生活の車中泊をされてるなら、昼間は避難所で暮らして軽く運動するようにして、車中泊と併用すると予防効果も高まるんです。

エコノミークラス症候群とは?

血栓のできる疾病で、長い時間体を動かさずに・座った儘だと脚の静脈で血流が悪くなって、膝の裏周辺の静脈へ血栓・血の塊のできる場合があり、 その血栓で血管が詰まって発症する疾病です。
血栓は、座を立って歩き始めると血流で血管を移動し始めて、肺へ届けば細い血管へ詰まり胸痛・息苦しい等の、症状を覚え始めます。 飛行機の場合、殆どの患者は到着間際の機内・着いた空港で発症するんです。
ところが、飛行後2週間以内に旅先・帰宅した後に発症するケースもあって、 最悪だと呼吸困難となり命を落すケースもあります。 
エコノミークラス症候群は、飛行機だけじゃなくてバス・電車旅行等でも発症するケースがあるんです。
その為、旅行者血栓症・ロングフライト症候群等と云われてるけれど、 医学界では深部静脈血栓症・血栓が肺へ届いて血管が詰まれば、肺塞栓症と云われます。
この肺塞栓症は、乗り物での発症ばかりではなく長期入院で、ベッドへ寝た儘だと発症するケースもあるんです。



ぐっすり眠れない・睡眠不足の害は?

害は、ザッと勘定しても9種あります。
人間が、入眠してから2~3時間後には、成長ホルモンが分泌されます。
成長ホルモンは、身長を伸ばすだけではありません。背を伸ばすなどの成長促進作用だけじゃなくて、細胞の修復・疲労回復作用があるんです。
また、肌・皮膚や内臓細胞の修復・再生するターンオーバーは、成長ホルモンの作用で成されます。
だから、成長ホルモンを若返りホルモンと云う、専門家もあるんです。

①睡眠不足だと遺伝子が変化してしまう

2014年の研究で、1週間睡眠不測が続けば700以上の遺伝子発現へ、変化が起きてしまうと云います。
各遺伝子の、働きは全部解明されてないけれど、幾つかの遺伝子は代謝・ストレス反応調整をしてると判ってるんです。
この研究では、以前から知られてる睡眠不足での注意力低下も、ハッキリと確認されました。

②脳卒中を発症する危険性が上昇する

かなり、リスクがあがります。中年以降の、脳卒中リスク因子で肥満・家族の脳卒中既往歴のない人でも、1日6時間未満の睡眠なら発症リスクは、4倍へ上昇するんです。
その調査研究では、3年掛けて5,666人を調べてます。
これらの研究調査で、睡眠は昨今知られてた以上に重要・精神健康害を引き起こすので、ストレスが溜まる・忙しくなっても、睡眠時間を犠牲にしてはなりません。



③食欲増進・肥満となる脂肪も蓄積し易くなってしまう

と或る調査研究組織が、1996~2011年の10月中に公表した体重増加量・睡眠不足へ7関係する18種の研究を、2012年に再検討しました。
それは、睡眠不足では食欲増進ホルモン・グレリンの増加、エネルギー代謝・食用抑制へ重大な作用のあるホルモンの、レプチン減少へ影響すると云う検証・証拠を見付け出しました。
この、グレリンの増加・レプチン減少は、いずれも人の腹を空かせる、悪影響があります。
これは、他の研究組織でも2012年に、研究結果が出てるんです。
その研究では、睡眠を充分に取らなかった次の日に標準体重の男性16人が、普段より食事を沢山食器へ載せるのが確認されました。
睡眠不足状態では、食事を摂る満足感・満腹感とは関係無く、摂取量を増やすように働きかけると云います。

④健康的な生活をできなくする

海外で、デンマーク・フィンランドでは大規模な研究を成されました。
成人35,000人を対象として、8年以上の追跡調査で睡眠不足が生活へ影響を如何及ぼすかです。
規則正しい、睡眠時間を取る人程健康生活のできる、選択をした傾向だと云うのが判りました。
具体的には、研究の始まった時には煙草を喫ってた人でも、規則正しい睡眠生活を始めると、不規則な人と比べれば数年後には、禁煙した割合が高かったんです。
また、睡眠不足状態は健康害の大きいアルコール摂取・運動不足・肥満リスク上昇等とも、大きな関連性がありました。

⑤睡眠は過不足でも記憶力低下の原因となる

睡眠過多は、睡眠習慣研究では1986~2000年に女性を対象に6年間、記憶力・思考力調査があります。
この調査では、睡眠時間が5時間以下だと適正な睡眠が7~8時間の人より、低い能力でした。
そして、9時間以上眠ってる人も同様の、悪い結果が出てます。
この研究をした人は、睡眠の過不足は実年齢より2歳程、精神を老けさせるようだと結論を出してるんです。
睡眠不足と、脳機能との関連は不明瞭な面が多いけれど、慢性睡眠不足は高血圧・糖尿病・血管狭窄の発症へ関連性が高いので、これらの疾病が脳の血流を悪くするのと、関係があるんじゃないかと考えられてます。

⑥骨密度が低下する

これは、2012年のネズミを使った研究実験で、明らかとなってます。
睡眠阻害をしたネズミは、骨塩密度低下・骨髄脂肪減少・血小板を造り出す巨核球倍増等の、骨粗しょうの症兆候が確認されました。



⑦不安感の増幅傾向がある

さほど眠れなかった、翌日は苛々するものです。
睡眠不足で、予測反応作用のある脳領域が、活性化するのを2012年の研究で判明してます。
脳の活性化が正常なら、未来の予測へ役立つんです。でも、心配性の人は予測が過剰に働きます。
同研究では、若年成人18名へ24時間眠らずに、検証しました。
結果、脳予測反応はかなり増幅されましたが、心配性の人は極度に反応したんです。

⑧体が健全な発達をしなくなる

ミバエの子供を使った研究では、睡眠阻害が長期間だと悪影響が出ます。
他の研究では、ミバエの遺伝子を操作して孵化後それ程眠らせないようにしました。
結果、成長したミバエの脳の特定部・特に求愛行動関連部分が、著しく小さいのが確認されたんです。
ところで、人間の赤ちゃんは殆ど眠ってますが、それ程眠らなかった赤ちゃんが同じように、脳の求愛行動関連部位が発達しないか如何かは定かでないけれど、乳幼児期に睡眠不足となれば恒久的な、脳の発達障害へ繋がるのを示唆してるとも云えるでしょう。

⑨死亡リスクが上がる

男性を12年・女性は10年間、1,741名を対象にした追跡調査研究では、男性の睡眠時間が6時間未満の死亡率は、21%高いものでした。
女性の方は、5%と僅かな上昇率だったんですが、年齢・人種・睡眠不足から発し得る喫煙・飲酒・鬱・高BMI等の要素を調整して、判明した結果です。
睡眠不足は、若死にする悪習慣となるし、睡眠不足は人を殺す・寿命まで縮めると云えます。



車中泊へ限らずぐっすり眠れる環境造りは重要

日頃からぐっすりと眠るには、睡眠環境を整えなければなりません。
それは、寝室の気温を適度に保つ・眠る時には暗くする・朝起きたら朝日を目にする・特に重要な寝具は、保温と通気性が良くなければならないんです。
貴方が、①腰痛・背中痛・肩こりで悩んでる。②夜中に目が何度も覚めて、熟睡出来ない。
③どのマットレスでも体へ合わない。④寝具の買い替えを考えられてるなら、卵を思い切り投げつけても割れない、体圧分散マットレスの衝撃を吸収する・バネのように反発力で押し返す・人体圧をしっかりと受け止めて寝返りをする時には、反発力で寝返りをサポートする、寝返りの度に目の覚めない、次世代マットレス【ビブラート1】が貴方の睡眠を変えてくれます。
毎朝起きると、体がガッチガチになってたのが起きた時に体が楽になった・睡眠中に寝返りを打てるようになった・子供の頃に体験した、運動会後の夜に眠りへ着くような感覚で眠れると、好評です。
寝付き・寝返りへ悩みのある人へ、1度試して欲しい素晴らしいマットレスであります。
詳しい事はこの、すぐ下の画像・
バナーをクリックすると公式サイトが開くので、じっくりご覧下さい。

毎日ぐっすりと眠るにはストレス・疲れも癒さなければならない

アロマオイルを使った、経験のない人は判らないでしょうが、エッセンシャルオイルを使えば様々な効果を期待できて、ストレス・不眠・認知症等へ効くとされてるので、受験等のストレス解消でも芳香浴等が良いようです。
それに、アロママッサージオイルで1日の終わりの、風呂上りにリンパマッサージをすれば効果的。
疲れが取れて、翌日のむくみがスッキリするとの実績もあります。
AEAJ表示認定精油で、楽天市場で星4.57と高評価のあるアロマオイルを、試してみませんか?
詳しい事はこの、すぐ下の画像・
バナーをクリックすると公式サイトが開くので、じっくりご覧下さい。



その他の詳しい事はこの、すぐ下の画像・
バナーをクリック
すると公式サイトが開くので、じっくりご覧下さい。









特定商取引に関する表示