自転車のパンク修理方法を覚えよう。

こんにちは、フミモンです。今回は、自転車のパンク修理方法についてまとめました。

 楽しいサイクリングの途中で、タイヤがパンクしたら、あなたはどうしますか?

家族や知人に迎えに来てもらいますか? 自転車屋さんやホームセンターまで自転車を押していきますか?
どちらもそう簡単にはいきません。 いざという時は、やはり自分で修理できるよう常に修理セットを携行し、パンク修理の方法を知っておくべきです。今回は、修理キットとそれを使った簡単なパンク修理の方法をご紹介します。

  接着剤不要のパンク修理キット


パナレーサー パンク修理キット PTL-KIT (TL-KITのモデルチェンジ品) 自転車用タイヤレバー付パンク修理セット(タイヤ・チューブ交換に便利) (4931253202544) 自転車 パンク修理 タイヤ交換 bebike


パナレーサー パンク修理キット PTL-KIT (TL-KITのモデルチェンジ品) 自転車用タイヤレバー付パンク修理セット(タイヤ・チューブ交換に便利) (4931253202544) 自転車 パンク修理 タイヤ交換 bebike


パナレーサー イージーパッチキット 自転車 パンク修理 (RK-EASY) (4931253200199) 自転車 ピストバイク ロード bebike


簡単応急処置用パンク修理剤


マルニ工業 クイックショット K-600 仏式バルブ用 応急瞬間パンク修理剤 (4907388003301) MARUNI 自転車 パンク修理 ロード bebike


空気圧ゲージ付き携帯可変ミニポンプ


Panaracer(パナレーサー) 可変式ミニフロアポンプ (米式・仏式・英式バルブ対応)BMP-N21AGF-B (4931253203695)ブラック 自転車 空気入れ


パンク修理手順

作業時間:5-10分
難易度:★★☆☆☆
*チューブを取外す作業時間などは除きます。

1.パンクの位置を確認する

まず最初にチューブのパンクしている箇所を確認します。

パンク箇所が分からない時は空気を入れて音で確認します。
パンクは表側だけとは限らないので、裏側も確認しましょう。
*ポイント*
パンクの穴が大きい場合にはチューブを交換するほうが安心です。

2.ヤスリをかける

チューブに開いたパンク穴周辺を紙ヤスリでこすります。

ヤスリをかける大きさの目安は貼り付けるパッチのひとまわり大きい範囲です。

3.汚れを拭き取る

パンク穴周辺(パッチを貼る箇所)の汚れ、ゴミ、水分をウエス(乾いた布)で拭き取ります。
*注意*
シンナー等の有機溶剤はパッチが付かなくなるので絶対に使わないように。


4.パッチの台紙をはがす

パッチの台紙をはがし、パンク穴をパッチの中心ななるようにセットして軽く貼ります。

*注意*
台紙をはがす時、パッチの接着面に触れないように注意しましょう。
パッチの接着面に触れると接着力が弱くなります。

5.パッチを圧着させる

貼り付けたパッチの中心から空気を押し出すようにして指で強く押えます。

*ポイント*
パッチの端の部分がしっかり貼り付いているかを確認します。剥がれがある場合は新しいパッチを貼り直しましょう。

*注意*
パッチの圧着をハンマー等を使用するとチューブが破損するおそれがあるため、圧着は必ず指で行いましょう。

6.空気漏れがないか確認する

チューブに空気を入れて空気漏れがないかを確認したら、作業完了です。

チューブを車体に取付けましょう。

*注意*
この時、空気を入れ過ぎるパッチが剥がれる場合があるので、空気を入れない状態でのチューブ断面の直径以上には膨らまさないようにしましょう。