外国人労働者、中国人観光客対策などをいち早くお届け

電子決済端末のシステムとは?

電子決済端末のシステムは金銭情報などの電子データを保存している場所により
カード型決済端末とネットワーク型決済端末に分けられるらしい

利点
・消費者側の利点

硬貨・紙幣を携帯する必要がなくなるため、財布が軽くなる
小銭が要らなくなるので、店頭での決済が楽になる
オンラインショッピングが気軽に利用できる
決済に必要な媒体を紛失・盗難・強盗された場合でも、
決済サービス会社に連絡すれば決済を凍結してくれる

など、従来の貨幣を用いた現金決済よりも利便性が向上することがメリットとなる。

・企業・店舗側の利点

企業・店舗側にも現金決済より利便性が向上することによるメリットがあるが、
インターネットを介しての電子商取引と親和性が高いため、
たとえばオンラインショッピングにおける決済方法の手段など
消費者に便利な決済ができるため販売機会の増大が期待できる。

・政府の利点

貨幣がデータ化されることにより、市場に流通する貨幣の総額を計測しやすくなる。
貨幣を減らすことで、海外に不正送金が流出するのを防ぐ

・欠点
停電した場合、代替設備がなければ使えなくなる
また通信障害が発生した場合も機能が制限される
実際にありましたね?

これから、どうなって行くのか?誰にもわかりませんが
維持費用が高く利益を圧迫してしまうとの懸念もあります

ざっと見た感じ、
スマホ決済、カード決済ともにネット回線は必要になりますね
リスクを考えるならば、普段から使っているスマホに


これを挿せばいいだけなので、リスクは減らせるかなぁとは思います