英語・ENGLISH!・えいごしませんか?

【英語のお役立ち情報をご紹介しています!】

英語・ENGLISH・えいごをたのしみませんか?世界がぐ~んとひろがります!

父が、英語とフランス語が堪能だったので、まだ日本語もままならない頃から、外国の言葉を
耳にしていたし、寝る前には、意味も分からず「ボンニュイ、アデュマン」と言って、毎日寝ていました。
その意味が、「おやすみなさい、また明日」と知ったのは、大学でフランス語科に入ってからのことでした。
英語を話したり、外国人と話をしたりすることに何の抵抗も感じないのは、そんな環境の中にいたから
かもしれません。でも、なんでもかんでも理解できるほどではありません。幼いころスパルタで父に英語を
習ってから、父に教わるのは避けてきて、いつも敵対心をもっていました。
中学校に入ってやっと英語を習うことができてものすごくうれしかった。当時は英語教材など、充実していなかったので、NHKのラジオ番組「基礎英語」「続基礎英語」を3年間毎日聞き、聞こえた通り発音し、部屋の中をぐるぐるまわりながら繰り返し繰り返し言っていた。今の発音力はまさにその時の繰り返しの賜物だと思っています。そのころ、私の夢は、「外国人になること」でした。
高校に入って、楽しむ英語ではなく、大学受験のための英語になり、楽しさは半減しました。ややこしい文法を覚え、あまり使わない単語を山のように覚え、いかに受験を乗り切るかばかりの勉強で、もったいない時間を過ごしました。
大学に入るとき、英語を話せる人はいっぱいいるから、私はフランス語を学んで父を追い越そうと思い、フランス語科に入学しました。英語はそのころには、かなり人それぞれ差がありましたが、フランス語は、みんな
赤ちゃんでしたから、乾いたスポンジに水が吸収される様に、す~と身体にしみこんでいきました。
4年間みっちり学んで楽しみを知りました。シャンソンを歌ったり、フランスに行ったり、言葉がわかるっていいな~とつくづく思いました。

次回は大学をでて、自宅で子供たちに英語を教えるようになって、その楽しさと英語に触れる醍醐味をお伝えしたいと思っています。