そもそも、ふるさと納税って?

ふるさと納税って、そもそもどんな制度なのかしら?

購入金額のうち、どのくらい納税されるんだろう?

みなさん、ふるさと納税について色々疑問があると思います。

どうやって申し込むの?
いくらぐらい納税できるの?
納税者には控除があるって聞いたんだけど、ほんと?

などなど、挙げればキリがないですね笑。

ふるさと納税を始める前に、まずは制度の概要を知りましょう!

ふるさと納税のはじまり

多くの地方出身者は、生まれ育った地方自治体の出産や育児、医療や教育などの行政サービスを受けて育ち、進学や就職を機に住居を都会へと移し、そこで納税を行っています。

そのため、都会の自治体の税収は潤い、生まれ育った地方自治体には税収が入らないという事態が起こっています。

それじゃあ、地方自治体がかわいそう!

都会に住んでいる僕たちに何かできることはないの?

そこで生まれたのが、ふるさと納税

今は都会に住んでいても、生まれ育った故郷に納税できる、いわゆる寄附のようなスタイルをとった納税制度です。

納税という形で、離れた場所から自分の故郷への恩返しができ、故郷の発展を応援すると共に、明るい未来をつくる力となります。