激安緑レーザー・激安高性能緑レーザー墨出し器情報紹介!

激安緑レーザー・激安高性能の緑レーザー墨出し器!



此れ迄、レーザー墨出し器と言えば赤い色が一般的でした。
でも、赤レーザ光は欠点が多いんです。
その、赤レーザ―光の欠点を無くしたのが、緑レーザー光の墨出し器ですが、値段の高いのが玉に傷でした。
この、値段の高い欠点を改良するのへ時間が掛かったので、今までは普及しなかったんですが、格安・激安高性能の緑レーザーを創り出す技術が完成して、昨今激安緑レーザー・激安高性能の緑レーザー墨出し器が、市場へ売られ始めてます。
それが、HEM合同会社・楽天ランキング4冠獲得の【VOICE 5ライン グリーンレーザー墨出し器】です。
これから、グリーンレーザー光の利点等を記しましょう。
欠点も無くはないですが、それは赤レーザー墨出し器と同じ点は省いて、以下へ記して措きます。
 


グリーンレーザー光は赤色よりも8倍明るい


私達の眼が、捉えられる光・明るさは、光・レーザー波長と出力へ依ります。
一般に、人が一番捉え易い光の波長は、555nmだと云われてるんです。
その、捉え易い555nmの波長・ピークへ最も近いのが、グリーンレーザー光波長・532nmであります。
ですから、同出力で通常の赤レーザー光の波長・650nmと比べれば、緑レーザー光は8倍も明るくて、私達が見易く感じる光です。

明るい所・太陽光の当たる場所でも見易い


此れ迄の、赤レーザー光の墨出し器は明る過ぎる所・対象物や、晴れた日の屋外等では、充分な明るさが足りずに、何処へラインがあるか判らない・見え難いケースがありました。
それに、色覚は個人差もあって見え難い人もあるんです。
私達の色覚へは、何種かのタイプがあって遺伝子型の違い、いろいろな目の疾患で色の見え方が常人と違う人が、我が国では300万人以上あり世界だと、2億人以上あると云われてます。
性別では、我が国の男性はほぼ20人に1人・女性は約500人に1人が、色覚差異があると云う調査結果もあるんです。
従来の赤レーザー光は、色覚差異者へは波長的にかなり見難いものでした。
その点、緑レーザーの波長は通常の人へ見え易いので、色覚差異者へも見易くて誰にでも見易いレーザー墨出し器です。
特に、緑レーザーはどの人へも優しいと認められてる、カラーユニバーサルデザイン認定(CUD)を受けてる、レーザー墨出し器を推奨します。


対象物が光を反射しても見易い


さて、プロジェクターの明るさは、会場を真っ暗にせず室内蛍光灯を点けてても見える・大きな会場でも見えるように、日々明るさを増して来てます。
ですから、赤レーザーポインターだと明るくなってるプロジェクターへ負けて、見えないケースもありました。
ところが、緑レーザーポインターなら明るいプロジェクターでも、しっかりと指した所が見えるんです。
また、プラズマ画面だと表面へガラスが組み込まれてますから、レーザーポインターが見えるケースがあります。
このように、緑レーザーポインターは明るい場所・プロジェクターへも負けないので、レーザー墨出し器も同様の効果があるんです。
ただ、レーザー光は反射しますから留意して下さい。

出力が安定してる


レーザーの、出力変動・変移は短期と長期で考えなければなりません。
短期的に出力変動の起こる場合は、チラチラして見てると目が疲れて、とても不快感があります。
その出力変動を安定させるには、緑色LPへIC回路を組み込んでフィードバックを掛ければ、出力を安定できて光のチラツキを抑えられるので、目が疲れない・見え易い光を造り出せるんです。



電池寿命が短い


長時間では、放物線を描くように出力が落ちて行くのが一般的です。
なので、電池がある程度消耗するとレーザー光は、通常のように見えなくなる欠点があります。
ところで、紫のレーザー光がありますが緑光と比べれば、出力推移で根本的な違いがあるんです。
緑レーザーは、電池切れ迄殆ど同様な認識度・明るさで見えます。
が、紫光は電池の半量から現実には使い物とならない・光が見えないという報告もあるんです。
レーザーポインターの場合、プレゼンでは電池寿命がとても重要なのに、産業界へは確かな規定が無いので、電池寿命は1~3時間等の時間記載しかしてないので、どれも同様だと思われてしまいます。
現実の電池寿命は、緑光レーザーは紫光の半分だと云っても云い過ぎではありません。
赤レーザーポインターと比べれば、緑レーザーポインターはほぼ10倍の電力量が要ります。
ですから、電池寿命は赤レーザーよりかなり短いんです。
それは、緑の半導体レーザーが通常100mW位の出力で造られてますが、波長を変換されるとレンズから照射する段階の、緑光波長は1mW位しか出て来ないのが原因だと思われます。
その為、【VOICE 5ライン グリーンレーザー墨出し器】は2電源方式の乾電池・ACアダプターで、何時間でも使えるようにしてあるんです。

気温変化へ対応してる


緑レーザーポインターは、製品格差があります。量産品でも、製品へ差はあってはならないですが、それは赤波長を緑波長へ変える結晶差異が、過大なのが原因です。
その差異は、光学・電気的テクノロジーである程度抑えられるけれど、現段階では完全じゃありません。
大きな問題は、消費生活用製品安全法へ基いてるもので、なるべくネガティブセッティングとしなければ、法律違反となるからです。
安全性最優先だから、何か僅かなトラブルがあればレーザーが発せられなくなる、困った設定となってます。
その、僅かなトラブルへ温度変化等が、当て嵌ってしまうんです。
一般的な緑レーザー・レーザーポインターは、適応温度範囲が25度付近だけとかなり狭い範囲ですが、実際に建設現場等で使うなら、もっと幅広い温度範囲で使えなければなりません。
そうした問題も、数種の検査で【VOICE 5ライン グリーンレーザー墨出し器】は、VOICEグリーンダイオードの磁気制動式・ジンバル方式で品質を保ってあります。
そのうえ、従来のグリーンレーザーは、30分措きに休ませなければならなかったのが、VOICEグリーンダイオードは連続使用ができるんです。



一般レーザー・ポインターの到達距離表記は各社バラバラ


原因は、定められた公的数値・指標がないからで、各メーカーは勝手に表記してます。
レーザー光なので、かなり離れた所へも届くと云えば、紛れもなく届いてるでしょう。
でも、現実には環境の明るさ等でも違って来るし、実用できる程クッキリ見える距離表記をしなければ、不親切・欺いてるのと変わりません。
量販店の場合、レーザーポインターだと100mは到達距離と書いてあり、50mと記されてる製品よりも2倍明るいと説明する店もあるけれど、消費生活用製品安全法で最大出力が1mW未満・JISC6802 クラス2相当と制限されてますから、波長が同様ならレーザー光・ビームの到達距離へ、大差はないんです。
【VOICE 5ライン グリーンレーザー墨出し器】の場合、正確な使用範囲は水平精度が10メートルで±1mm・ 垂直精度は10メートルで±1mmの、作業範囲では屋内が約10m・受光器使用時の屋外だと約25mとなってます。

レーザー墨出し器の理想的な精度調整期間と費用・維持費


レーザー墨出し器は使わなくても誤差が出て来るんです。
だから、理想ならば精密機械なので1年に1回は精度調整をした方が良いですが、他の販売店だとお金を獲られます。
その点、HEM合同会社では点検無料で、他店では有料点検・全ライン調整が20,000円の所を、半額以下の税抜き5,000円でサービスしてくれるんです。
このサービスで維持費が、最大では半額となります。


その他の詳しい事はこの、すぐ下の画像・
バナーをクリックすると公式サイトが開く
ので、じっくりご覧下さい。









特定商取引に関する表示