サロンのサラ艶を実現、美容師の使う髪が傷まないドライヤー

毛根からからり乾く美容師の使う髪が傷まない耐久性抜群のドライヤー



私たちの普段の生活では髪を傷めてしまう原因がたくさんある

①紫外線②ドライヤー③ヘアアイロン④縮毛矯正⑤パーマ⑥ヘアカラー等です。
これらへ留意しなければ、貴方の髪は日々傷んで行きます。
そして、傷んだ髪をケアしなければ、髪はパサつく・うねる・広がったりと、貴方の手へ負えなくなって来るんです。
そうなると、毎日気分は良くない・オシャレしたくもなくなる・好きな人とも逢いたくなくなりますよね?
髪は、傷む前・傷んだら早目にしっかりとケアすれば、綺麗で健康な髪にできるし毎日気分も良くなるものです。

髪を綺麗にするケアアイテムの選び方

髪を綺麗で健康にケアをするには、シャワーヘッド・シャンプー・リートメントがあります。
そして、髪をケアする方法へは、①風呂の中でケア②入浴後のケア③日頃のケアがあるんです。
効果の高いヘアケアは、シャンプー・リートメントがあるけれど、効率的なヘアケアアイテムへは、【TESCOM】が頼りになります。

入浴中のヘアケア

貴方の知らない、正しいシャンプー方法があるんです。
最低限の、ヘアケアのシャンプーは貴方も、殆ど毎日しますよね?
シャンプーは、頭皮への影響がかなり大きいんです。
誤ったシャンプー・洗い方をすれば、頭皮・髪を傷付けて乾燥・炎症などを引き起こします。
正しいシャンプーの方法は、
①38〜40度のお湯を使い、湯洗い・事前にキチンと皮脂・埃などの汚れを、2~3分掛けて洗い流す。
②髪の湯水を適度に切り、掌等でシャンプーをしっかりと泡立てる。
③桃等を触れるような力加減で、指の腹を使って頭皮を毛穴から逆にマッサージするように、同時に髪の毛を洗う。
④地肌は、ヌルヌルしなくなるまでしっかりと洗って、たっぷりの湯水で濯ぐ。
シャンプーは、一般的なヘアスタイルで1プッシュ程が、最適量だと云われてます。
貴方の、ヘアスタイルへ合わせた適量を知り、無駄なく使って下さい。
そして、地肌を洗うには円を描く・手を細かく前後へ動かす等、マッサージすると良いでしょう。
正しいシャンプーの方法は、殊に重要だから充分に気を付けて、ヘアケアをして下さい。

正しいシャンプーの留意点

①爪は絶対に立てずに、ゴシゴシ洗うのではなく全部の指の腹で優しく洗う。
②毛穴は、シャンプーの泡で被うようにして、頭皮を揉み解しながら洗う。
③熱過ぎない・ぬるま湯で、充分にシャンプー・リンスを洗い流すように濯ぐ。
④朝は地肌が敏感なので、洗髪・シャンプーは夜にする。

正しいトリートメントの留意点

トリートメントは、リンスよりもヘアケア効果が高いけれど、その効果・作用を充分引き出すには、
①リンス・トリートメントは、掌で暫く温めてから髪へ着ける。
②髪へ着けたら、約3~4分時間をあけてから濯ぐ。
③濯ぐ前に、シャワーキャップ・蒸しタオルを着ければ、もっと効果が上がります。
以上の、留意点を守ってトリートメントをすれば、保湿成分等を髪へしっかりと浸み込ませられるんです。
また、トリートメントを着ける留意点は、
①髪へ着けても、頭皮へ着けないように充分注意する。
②髪を擦らないで、揉み込むように着ける。

入浴後のヘアケア

入浴後の髪は、濡れた儘だと傷付き易いんです。
そして、髪の水分をタオルで拭き取る時は、タオルで髪を抑える・包んで軽く押す・叩くように、水分を吸い取って下さい。
それから、髪を傷付けない乾かし方ですが、シャンプー・洗った後の髪は摩擦へ弱いので、自然乾燥するのではなくて、ドライヤーでキチンと乾かすのがベストです。

髪を傷つけない乾かし方

①清潔なタオルで髪を挟んで、軽く抑える・叩くようにして水分を吸い取る。
②毛髪の流れへ逆らわずに、手櫛で鍬梳かして絡みをなくす。
③髪から20cm程離して、ドライヤーは1箇所へあて過ぎないように、角度・場所を移動して地肌・髪の根元を中心に乾かす。
④髪は、上っ面・重なった中も湿り気がなくなるように、充分に乾かす。
⑤最後に、ドライヤーを冷風にしてクールダウンすると、キューティクルが閉じて髪へ艶がでる。

日頃から留意するヘアケア

髪は、紫外線を受け易い位置にあります。
顔より、たくさんの紫外線を浴びてますから、髪が傷付いて切れ毛・枝毛等ができ易くなるんです。
①日傘を差す②なるだけ帽子を被る③髪へ日焼け止めを着ける等すると、髪を守れます。

寝る時の留意点

枕・寝具等と髪が擦れれば、髪は摩擦へ弱ですから広がる・パサついたりし易くなるんです。
ですから、髪へ負担をかけないようにしましょう。
①シャンプー・洗髪後は、髪をドライヤーでキチンと乾かして寝る。
②髪の長い人は、軽く束ねて寝る。
③ナイトキャップを、被って眠る。

ヘアアイロン・コテを使う留意点

髪は、ヘアアイロン・コテの熱でとても傷付き易いんです。
ヘアアイロン・コテで、ヘアスタイルを変えたい時は、
①髪は、濡らさずに乾いた状態で使う。
②ヘアアイロンは、専用のスタイリング剤を使う。
③低い温度設定・160℃以下で、長い時間あて過ぎない。
④毎日使わないようにする。
⑤髪の同じ場所へ、アイロン・コテをあて過ぎない。

スペシャルヘアケア・ケアアイテム

スペシャルケアでは、セルフヘッドスパがあります。
1週間に、1度でも効果がありますから貴方も遣ってみて、髪・頭皮の違いを試すと良いでしょう。
頭皮は、マッサージをすれば頭皮の血行が良くなるので、抜け毛も予防・髪の健康状態が良くなります。
貴方が、自分でできる簡単なヘッドスパの方法は、遣る前に髪を丁寧にブラッシングして埃等の汚れを落とします。
①オリーブオイル・椿油・ホホバオイル等のマッサージオイルを、指の腹で頭皮全体へ馴染ませるように擦り込む。
②前後に、桃肌を押さえる程の力で指を動かし、頭皮の皮脂・汚れを浮き出させる。
③頭へ、ホットタオルを巻き着けて、5分程度時間を措く。
④頭皮のオイルを、お湯で洗い流してから、シャンプーで綺麗に洗う。
以上ですが、ホットタオルは水を吸わせたタオルを1分電子レンジで温めて、火傷しないように温度を確かめて頭へ巻いて下さい。
オイルを使うヘッドスパは、頭皮の皮脂・汚れを浮かす効果があります。
なので、普段の洗髪・シャンプーでは洗い落とし切れない皮脂汚れも、さっぱり綺麗に洗い落とせるんです。

セルフヘッドスパの留意点

①頭皮は、ゴシゴシと擦らない・力を入れ過ぎない。
②手を、綺麗・清潔にしてから遣る。
③効果があるからと、遣り過ぎない・爪を立てない。
④週1回で充分効果があるので、それ以上は控える。
といった所ですが、ヘアケアのスペシャルアイテムへ、シャワーヘッド・シャンプー・トリートメント以上に、ヘアケアで留意したいスペシャルアイテムは、ドライヤーです。
冒頭で記しましたが、ヘアケアできる頼りになるドライヤーは【TESCOM】ですが、国内の約70%の美容室で使われてるサロンシェアNO.1ブランドの、Nobbyが造り出しました。
その、Nobbyは50年以上の、信頼ある老舗ブランドです。
長野県にある、自社工場で造られていて、Made in Japanを誇るドライヤーブランドであります。
また、全国の美容室で長年愛用され続けられてる理由は、丈夫・長持ち・使い易さです。
而も、どれだけ使っても簡単には壊れない50年来、美容師・プロへ愛用され続けられてるブランドとして知られてます。

【TESCOM】の特徴

①髪を、傷めない・素早く乾かせる、大風速がポイント。
②美容師・プロ仕様と同じ、家庭用のドライヤーとはパワーが全然違う、特殊ファンを搭載。
③地肌・髪の根元から、しっかり乾かせるので根元の立ち上がりが、全く違う仕上がりとなる。
④これ迄の、Nobbyとは違うスタイリッシュさである。
⑤まるで、サロンで仕上げたような、サラ艶髪を実現する。
⑥而も、髪を傷めない・優しい使用感。
等ですが、ストレートアイロン・カールアイロンもあるので、貴方のオシャレ・ヘアスタイルをキメる、頼りになるヘアアイテムとなるでしょう。



その他の詳しい事はこの、すぐ下の画像・
バナーをクリックすると公式サイトが開く
ので、じっくりご覧下さい。











特定商取引に関する表示