専門店経営と同じ5要素~コンセプト・商品・顧客・売り場・販促企画

アフィリエイト&ドロップシッピングでコンテンツを設計するコツ

コンテンツ企画プロセス
この図に、もしもアフィリエイト&ドロップシッピングでコンテンツを設計するコツを紹介しています。順を追って説明します。その前に、もしもアフィリエイトとドロップシッピングの申込みをしておきましょう。どちらか一方から始めることもできますが、もしもドロップシッピングで構築する場合もアフィリエイト広告を掲載することはサイトをより夢のある売り場に演出することに役立つので必要です。
もしもアフィリエイトだけ運用する場合もありますが、無料なのでドロップシッピングも持っておきましょう。といっても、もしもアフィリエイトなら33サイト、もしもドロップシッピングなら100サイト公開できるので、とりあえつ1つずつ公開するだけだし無料なので小さなことは言わず「ドロップシッピング」も「アフィリエイト」もとりあえず申込みをしておきます。
その前に、もしもドロップシッピングともしもアフィリエイトの違いを簡単に紹介しておきます。

もしもドロップシッピングともしもアフィリエイトの違いとは?


①もしもドロップシッピング
もしもが販売している数万点~の商品で自分のショップを作るしくみです。商品があるので、お歳暮など季節に応じて商品を組み合わせてセールを告知することができます。商品戦略とともに、オリジナルのバナー広告など画像を加工して大きさに合わせて配置する必要が出てきます。画像配置も少しHTMLを知っていれば右に寄せてテキストを流し込むなど、もしもドロップシッピングで簡単にできること以上のデザインも可能となります。詳しいことは、実際に1つずつステップを踏みながら段階的に作っていくページで紹介します。100サイト公開することができます。

②もしもアフィリエイト
もしもが運営するアフィリエイト用サイトです。こちらは、いわゆるWebメディアとしての運営を想定したしくみになっています。本サイトのように、情報をテキスト(文字)で書いたりバナー画像を入れて「検索対応型」のメディアを構築することで、検索来訪者がアフィリエイトバナーをクリックしてもらうようにします。33サイト公開できるので、さまざまな作り方ができます。
もしもアフィリエイトが他のアフィリエイト広告と比べて優れているのは、アフィリエイト広告主にアフィリエーターを育てる啓発を行っているほか、広告主の毎月の固定費が0円なので広告主として退会する割合が低い点にあります。せっかく広告主がいるからサイトを立ち上げても、その広告主が退会してしまったらもうアフィリエイト広告を掲載することはできませんし、アフィリエイト収入を得る機会が減ってしまいます。だから、長く付き合える広告主であることは私たちアフィリエーターにとってはとても重要なことなのです。

さて、どちらも両方申込みをした方が良いと言いましたが、たとえばこんなケースで考えてみましょう。

広告主と長く付き合える点が大きなメリット~その理由とは?

アフィリエイトしか申し込みをしていないアフィリエイターが、フランチャイズの広告主と契約をしてバナー掲載したとしましょう。
この点も別のページで詳しく解説しますが、一口にフランチャイズといっても様々な種類があります。切り口の問題です。飲食専門にするのか、それとも投資金額が少ないものだけに絞るのか、いろいろあります。
もう1つは、もしもアフィリエイトでフランチャイズのサイトを作ったとしましょう。そこに掲載するのは、フランチャイズの広告バナーだけですか? それだと、単なる案内情報になってしまうかもしれません。では、どういう広告が考えられるのでしょうか?
フランチャイズを考えている人は、起業しようとしている人たちです。その人たちが起業するためには、フランチャイズに参加すれば終わりではありません。起業すれば会計事務や人事管理が必要になります。じゃあ、そういう広告主を見つけてバナーを掲載しておけば起業したい人の役に立つWebメディアに近づきます。

さて、もう1点だけ考えてみましょう。起業すれば、パソコンデスクが必要になると思いませんか?
もちろん、アフィリエイト広告だけでもWebコンテンツはできます。しかし、商品としてパソコンデスクや収納書架などはもしもが販売する商品のなかにたくさんそろっています。
そういった商品も併せて紹介できるのが、ドロップシッピングなのです。

だんだん見えてきましたね。儲かるサイトのつくり方はきちんと解説しますが、まずさて、もう1点だけ考えてみましょう。起業すれば、パソコンデスクが必要になると思いませんか?
もちろん、アフィリエイト広告だけでもWebコンテンツはできます。しかし、商品としてパソコンデスクや収納書架などはもしもが販売する商品のなかにたくさんそろっています。
そういった商品も併せて紹介できるのが、ドロップシッピングなのです。

だんだん見えてきましたね。儲かるサイトのつくり方はきちんと解説しますが、まず申込みをしてみましょう。
●もしもドロップシッピングのお申込みはこちらから
●もしもアフィリエイトのお申込みはこちらから

申し込み(無料)は3分もあればできますが、参考サイトとしてきれいなサイトが紹介されています。「私はデザインなんかできないし」と思う必要はありません。デザインは、チラシのようにたくさんの情報を並べてレイアウトするわけではなく、写真を並べてタイトルや1行程度のコピーライティングをするだけなので簡単にできるようになります。むしろ、デザインの心配よりも商品戦略というキーワードを頭に置いておきましょう。ドロップシッピングもアフィリエイトも、成功するかどうかはこの商品戦略が大きなポイントとなります。
では、申込みがすんだら段階的に作っていうページへと移っていきましょう。ようこそ、
新聞de元気山口編集La★boの「もしもドロップシッピング&もしもアフィリエイト無料講座」へ!

もしもアフィリエイト(無料)で学ぶHTMLとコンテンツマーケティング

もしもで学ぶコンテンツマーケティング入門講座 もしもアフィリエイト(無料)で学ぶHTMLとコンテンツマーケティングの個別対応講座です。本サイトは無料で構築ノウハウを紹介していますが、それでもバナー作成やHTMLのちょっとした加筆などによってもっと早く売れるサイトに仕上げることができます。
また、ネックとなるのがライティングの技術です。最初は趣味の分野で話したいことを記事にすれば良いのですが、もっと深く買い物をされる方をハッピーに導く方法を考える必要があります。
新聞de元気山口編集La★boでは、Webライティングを行ううえでめざすべき目標を5段階に分けて考えており、お買い物をされる方が自己投資判断によって自分で購入されるプロセスを情報編集によってスムーズに流していく組み立てを1つの基本としています。セルフスタイルッドマネジメントとして位置づけ、イメージが広がるライティング術をめざすときの目標にしています。
そういった高度なライティング技術を個別指導で体験したい方の個別対応講座です。
もしもで学ぶコンテンツマーケティング入門講座