(プロセス5)購入の申込  
資金計画の検討は、物件を購入する時に自己資金をいくら出すのかを決定することから始まります。
自己資金をいくら出せるかによって物件の選択幅が変わってきます。全額自己資金で購入する場合は購入できる物件の幅も広がります。とはいえ数千万円の支払いを一括でできるサラリーマンはなかなかいません。自己資金がいくら出せるのかを事前に把握しておくことをおすすめします。自己資金が決まれば、購入するマンション価格の残りを住宅ローンで借り入れを行うこととなります。私の場合は自己資金が20万円で、購入したマンション価格は2180万円でした。残りの2160万円を住宅ローンにより融資を受けマンションを購入しました。