【総合ショッピングのお役立ち情報をご紹介しています!】

株しながら文学

株の取引では90%の人が失敗しています。
ボリンジャーバンドや一目均衡表 macdにソナーやろうそく足
日足に週足 月足 上級者用の書籍まで理解して いざ取引してみる散々な結果になります。
日足で勝負 月曜日に買って金曜日に売ろうとして少しずつ上昇してるので、やはり日足は6ヶ月みるに限ると安心していると2週間で暴落 今度は絶対に損はしないと5分足デートレード短期勝負 3日で30%損して
迷っているうちに前に損切りしたのが大暴騰 月足で勝負?
多数ある銘柄はまるで生きてる星空のようです。
買うのはぎりぎり待とう。暴騰したらしょうがない。
かって現代文学が華やかだった頃読んだギュンターグラスやサルトルを読んでみて心を落ちつかせてみると
株の宇宙と文学の宇宙を一緒にしてあるいは読みながら、はやる心を落ちつかせみると意外とストレスが
たまらないことがある。
結局 本を買う時 最初のページがすべて、
株も最初のスタンスを決め予測が少しでも外れたら撤退 次の銘柄を見つけるまで本でも読んでtyannsuをまつのが結構役にたちます。