【住まい・引越のお役立ち情報をご紹介!】

引越し料金の安い時期に安い引越し業者を探す方法!  引越し料の最大50%安い引越し業者!



詳しくは、以下の向かって左側の小さなアフィリエイト広告画像・バナーか、
説明文の色の違う文字列をクリック
して、公式サイトでご覧下さい。
TV・ラジオCM放送中の【引越し侍】
引越し見積もりができて、引越し業者の比較・予約サイト。
全国235業社引越し料金比較・費用が最大50%安くなる。
引っ越しの見積もりの他、料金相場・各業者サービス内容・
口コミ、引越しの手続き・準備や荷造りなど、引越し関連の基礎情報満載。



引越しをする時に、気に掛かるのは色々あるけれど、一番気になるのは引越し料金でしょう。引越し料金は、各業者でかなり違うけれど引っ越しの時期・荷物量・距離等で変動します。料金内訳は、基本運賃+割増料金+実費+オプションで決まるんです。①基本運賃とは、法律で運送基本額は決まっていて、各引越し業者でも運送料金へ大差はありません。引越し業者は、基本額へ10%の料金幅を持たせて基本料金を決めてます。



②割増料金とは、2~4月の繁忙期・土日祝日等は休日割増金を取って、深夜・早朝引っ越しは、割増料金があるんです。この他、豪雪地帯では冬季割増のあるケースがあります。③実費とは、荷物の梱包等費用や搬出・搬入料金、人件費・トラック代・交通費等です。 ④オプションとは、引っ越し基本業でない特別作業の料金で、不要品処分・家具以外の大型荷物、ピアノ・バイク等の運搬で、エアコン脱着等がオプションとなります。



オプションは、各引越し業者で違いますからオプション内容は、業者へ訊いた方が良いでしょう。 さて、各引越し業者は引越し荷物の量で概算します。荷物量を大まかに知って措けば、作業人員・使うトラックの大きさ・台数等を決められるんです。そして、引っ越す所までどの位距離があるのか計算します。距離がある程、燃料代はかかるし高速道路を使えば追加料金で、利用料を請求しなければなりません。それに、2~4月は引越し繁忙期となり、幾つもの引越し業者が料金を高目にしてます。それから、土日祝日・月末・大安等に引越しをする人が多いので、予約が取り難くなる他割増料金も取られるようです。



そのうえ、時間帯でも料金が変わって午前便・午後便・フリー便とあり、午前便は積込み時間が制限されるので、特に料金が高くなると思われます。では、引越しの見積もりで料金を安くするには、①複数の業者から見積もりを取る。②即決しない。③自分へ合ったプランを選ぶ。④荷物量を減らす。⑤大手と地域密着業者から見積もりを取る。⑥繁忙期・土日祝日以外に引っ越す。等があり、幾つかの業者から見積もりを取れば、相場が判るのでその中から一番安い料金で選ぶのも良いですが、内容を充分に確かめて下さい。また、契約内容を書面にして貰うのと見積書が契約書となるし、幾つもの業者から見積もりを取ればキャンセルもキチンとしないと、料金を請求されます。尚、訪問見積もりだと確実な引越し料金が判り、大手6社は引越し特典があるようです。



その他の詳しい事はこの、すぐ下の画像・バナーをクリックすると公式サイトが開くので、じっくりご覧下さい






特定商取引に関する表示