車検ってちょっと車を見て、税金だの保険代を集めること?

車検を受ければこれからも安心して乗れるの



車を持っていると必ず受けなくてはならないのが車検

車検が切れた車で公道を走れば

道路運送車両法違反の無車検車運行で

.違反点数6点(前歴がない場合)
.30日間の免許停止
.6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金

という罰


さらに、車検を受ける時に入る

自賠責保険が切れていると(自動車損害賠償保障法違反)で

.違反点数6点(前歴がない場合)
.1年以下の懲役または50万円以下の罰金

という罰



車検も切れ、保険もきれている車で公道を走ると

.違反点数12点(前歴がない場合)
.90日間の免許停止
.1年6ヶ月以下の懲役または80万円以下の罰金

といった厳しい罰

に処されることに。


それでは車検っていったい何をするんでしょう
先に出てきた道路運送車両法という法律の中に
保安基準というものがあって

車の大きさとか重さ、ランプ類の取り付け方法や色
タイヤの事や形状、排気ガスの状況・・・・など
こまごまとした基準が定められている。

この保安基準に敵した車かどうかを検査することを車検と言い、
検査をするのは国の検査場で普通車と軽自動車に分かれている。


但し、国が認め指定した民間の整備工場(指定整備工場)
にある整備工場検査場で検査をして基準に合格している場合は
書類だけを陸運局の支局に持って行きます。


指定工場には検査の機器が備えられ、国家資格を持つ
自動車検査員がおり、検査を行います。



定期点検

保安基準では整備工場では車検整備と一緒に
定期点検もしなければならないと決められています。

車検と違って定期点検は
不具合がある所や不具合が起こるおそれのある所を
前もって点検・整備をし、故障を防ぐ【予防整備】もします。


車検は基準に会っているかどうかを検査するだです。


車検に合格し、この先も安心して乗るためには

定期点検も車検と同時にしておくことが大切です。



法律の改正で前検査、あと整備が認められました。
定期点検は車検の前にしても後にしてもよくなり
(整備工場は前整備でなければなりません)


ユーザー車検が増加しましたが
車検に合格した後できちんと定期点検を受けているかは
わかりません。


定期点検を受けなければならない義務はあるのですが
受けなくても罰則はありませんから。

自己責任ということです。