ユーザー車検は費用を抑えるには最も安い方法?

ユーザー車検は現在最も安く車検を受ける方法




陸運支局や軽自動車検査協会に自ら車持ち込んで

書類等を揃え申請する為、余計な費用はかかりません。

以前は車検を受ける場合は24ヶ月点検をしなくては
受けることができなかったのですが法律が改正され

車検を受けた後に点検をしても良いことになりました。
そうした背景からユーザー車検が注目されたのですが

24ヶ月点検はしなくても良いと言う訳ではありません。



あくまでも自己責任で

自分の車は自分で管理しメンテナンスもしなくては
ならないのです。


ユーザー車検で注意しなくてはいけないのは


車検費用の節約のためのユーザー車検ですが、
検査場に車を持ち込み検査を受けたら
不具合があり合格しなかった。


そうなれば、不具合になった所を修理して
再び検査を受けなければなりません。


車に詳しい場合は別ですが、そうでもないと言う場合
時間もお金もかかってしまうことになってしまいます。


さらに、この場合、車検と言う検査には合格したのですが
あくまでも現在の車の状態が、保安基準を満たしていたということで


この先トラブルが起きる可能性もあり

早めに交換や整備をしておけば
修理作業が安く済んだなんてこともあります。


なにごとにもメリットとデメリットがありますが

車のトラブルによっては同乗している家族や友人知人だけでなく

他人にも損害や損傷を与えてしまうこともあるので

金額だけで判断するのは考えものです。



ユーザー車検の代行

自分は忙しいのでユーザー車検に行きたいけれど行けない

そんな場合ユーザーに代わって車検を受ける

ユーザー車検の代行業もあります。

車検場にユーザーのかわりに車検に行き
検査を受けてきてくれるのです。

車検場が職場のようなものなので
様子もわかっているので手慣れたものですが

代行業者さんでは整備はできませんし

車検後の補償もありません。