長期間、家を留守にする時は、雨戸、シャッターは閉め切るべきです。その代り、留守と悟られにくくする工夫が必要です。それが、雨戸やシャッターを覆い隠すすだれや日よけシートを活用しましょう。

留守を悟られにくくするために、雨戸やシャッターを覆い隠す「すだれや日よけシート」を活用しましょう。


防犯・防災ランキング
長期間、家を留守にする時は、雨戸、シャッターは全て閉め切って空き巣の侵入を妨げるべきです。
​「雨戸やシャッター」が、全て閉め切っていると留守を悟られやすいので、一部を半開きなどにすべきとの考え方もありますが、雨戸やシャッターは空き巣が家屋内に浸入するのを防ぐ最後の砦なので、断固として全て固く閉め切るべきです。

その代わり、いくつかの窓には「すだれや日よけシート」などで覆い雨戸を外から見えにくくする。
このため、私は、一部の雨戸、特にベランダの窓には「日よけシート」を上の枠から下の枠にかけて張って雨戸を閉めても状態が外からわからないようにしています。
もちろん、普段は窓枠の片側だけは上下に張って、出入りする側は巻き上げています。
全部の雨戸が何日も閉め切っていると留守とが感づかれやすいので、いくつかの雨戸の外側に「日よけシートやすだれ」を張って覆っておくと閉め切っているかどうかわからないのでカモフラージュになります。
​​​もっとも最近多くの家庭で遮光や断熱のため、「すだれなど」を使っているのを見かけます。掛けっ放しでも違和感はありません。

窓の形状にもよりますが、アルミサッシ枠の窓の場合、すだれやシートの上部をサッシの枠に留め具で固定できます。普段は巻き上げるなどできます。
参考のために、私が使っているのに似た「すだれ」や「遮光シート」をピックアップしました。
あくまでもご自宅の取り付ける窓枠の形状、材質、寸法等を勘案して合致するかどうかよく確認して商品を選んでください。

是非、自分でできる「長期間留守時の防犯対策」をご覧ください。