皆さんこんにちは!今回は進研ゼミ中学講座について紹介します!

目次
 1.中学生の勉強とは
 2.進研ゼミ中学講座以外は?
  2-1.学校だけの場合
  2-2.塾の場合
  2-3.チャレンジのメリット
 3.チャレンジと塾の比較  
  3-1.宿題
  3-2.勉強量の調整
  3-3.質問
  3-4.その他
 4.まとめ

1.中学生の勉強とは?

中学生はこれまでと違い部活が始まるため、勉強時間がどうしても少なくなってしまいます。
また、疲れが溜まったり、遊びの誘惑に負けたりすることもあると思います。
しかし、そんな中学生も3年生のときは受験をするかと思います。
しかし、受験の勉強だけ頑張ったところで3年分の勉強は追い付くはずがありません!
受験を成功させるには3年間の勉強が必要不可欠です!
そこで私は[チャレンジ]進研ゼミ中学講座をオススメします。

2.進研ゼミ中学講座以外は?

3年間の勉強+受験勉強をするということは学校も塾も同じです。
どちらもわからないことはすぐに聞けますし計画的に進んでいます。
しかし、それが本当にベストなのでしょうか?
2-1.学校だけの場合

学校では勉強が計画的に進んでいますし、すぐに聞くこともできます。
しかし、どうしても勉強時間が少なくなる部活が忙しいときと、勉強時間が多くとれる部活が忙しくないときの勉強の進み方は変わりません!
それに部活 〉 勉強の時期につまづいたとしても学校の勉強はその単元に戻ってはくれません。
そのため調整が難しいです。

2-2.塾の場合

塾では個別指導があり、つまづいた単元でも理解することができます。
しかし、塾に行くということは「塾の日+宿題の時間」が発生します。
只でさえ忙しい中学生にその時間もプラスとなると少し厳しいです。
「塾の日は忙しいからその日のやることを他の日に」ということも無理です。
部活は他の日に出来ません!
そのため塾は忙しい人には向きません!

2-3.チャレンジのメリット

チャレンジのメリットは主に
・家でできる
・日によって量の変更ができる
・理解するまで取り組める
・自分のペースでできる     ということです

3.チャレンジと塾の比較
3-1.宿題

塾は宿題などを細かく言われます。そのため常に追われている状況です。
それに対しチャレンジは「1ヶ月でどれだけ」という風に出されるので宿題を30等分することだって出来ます。
なので自分のペースで進めたい人に向いています!

3-2.勉強量の調整

塾は忙しいときも忙しくないときも宿題があって塾に行って…という風になります。
しかし、チャレンジは赤ペン提出は遅れるかもしれませんが、次の月に出すことも可能なので、勉強時間の調整ができます。
このシステムは大会前などに便利です。

3-3.質問

しかし、チャレンジはわからない所がすぐに聞けません。
しかし、塾なら聞くことが出来ます。
それでも自分で調べるなり学校の先生に聞くなどが可能ならば、十分対応できると思います。

3-4.その他

・塾よりもチャレンジの方が安い
・移動時間がチャレンジはない
・塾は親の負担が大きい

4.まとめ
チャレンジは自分のペースでやりたいという人におすすめです!
忙しい時は減らして、忙しく無いときは増やして。
調整しながら生活リズムも整えましょう。
そしてチャレンジを利用して効率的な勉強をしましょう!

申し込み↓