: 魔法少女というもの

漫画に選んだ題材は魔法少女

サイト作ったは良いけど、これは漫画公開には向かないサイトなのでは…?
と、思わないでもない。

でも、それはそれとしてとりあえず記事くらいは作っておかないといけない気がするので早速書こう。

漫画作成のノウハウは正直あまりない。
画力が高いわけでもないし、なんなら背景とか描けない。

まろやかギター先生のモチベーションは常にストーリー構成にあった。

なんなら、ラノベでも良いのではなかろうか。

そんな事を思う事もしばしばあったが、取り敢えず女の子を描く事に対してはそれなりのモチベーションが働いた。

ならば女の子主体の物語が好ましい。

あと、漫画に強い執着があったのは偏に少年漫画が好きだったのもある。

ドラゴンボール、幽遊白書、NARUTO、BLEACHなどのジャンプ漫画をはじめ

うしおととら、ベルセルク、進撃の巨人、エアギアなど、バトル主体のものは大好物だった。

これらと女の子を描きたい気持ちが一致した時に、浮かんできたのはプリキュア。
特に初期のころの拳で戦う姿は理想にかなり近かった。

なので最終的に、拳で戦う魔法少女が良いのではないか。

と思い至ったのだった。

剣やステッキが描けない訳ではない。
本当のことを言うと描けないのだけど、それは問題ではない。
拳を直接叩き込む事によって相手に気持ちを届ける事が出来る、そんな少年漫画思考が強く働いたのだ。

そんなこんなでプロットが出来たのがつい4年前。
5話まで描いていた漫画は前サイトで公開したが、それ以降はPCが壊れたのもあって描けていない。

漫画の道のりは辛く厳しい。