もしもドロップシッピングともしもアフィリエイトを使って実際に儲かるしくみを作るポイントを紹介します。 アマゾンもフリマは商売の素人には向きません。中国仕入を考える前に、手堅くドロップシッピングとアフィリエイト 収入を得るサイトを構築しましょう。集客方法や販売に直結するLPページ構築法も習得できます。

2.個人がリスクなく安定収入を得るためのビジネスモデル

〇個人でも儲かるネットビジネス3つのタイプ
ネットショップで儲けるためには、販売する「商品」が必要です。商品を①仕入先→②サイト→③消費者まで動かすことによって、利ザヤ(お金)が動いていきます。個人のネットショップは、この②「サイト」を媒体にして情報を発信、購入につなげる役目を果たします。

この商品は、
 ①自分で仕入れて販売する(専門店もしくは中国ビジネスなど)
 ②自分で生産して販売する(ハンドメイド作品など)
 ③提携先の商品を紹介して販売に協力する(ドロップシッピング・アフィリエイト)
として販売することができます。では、販売の方法を確認しておきましょう。


〇副業ネットショップで効率よく利益を生み出す3つの運営方法
個人で運営できるサイト運営として簡単なものを紹介しておきます。

 ①自分でホームページやショッピングカートを開設して販売する(自社サイトで仕入れ・生産品を販売)
 ②ショップ運営のための仕組みを利用して登録販売する(アマゾンや楽天などに登録して販売)
 ③ドロップシッピング・アフィリエイト運営サイトを利用する(もしもドロップシッピング販売)
この3つのショップ運営を、「仕入商品」「生産商品」「商品紹介」との関わりから見ておきます。

自分で仕入れて販売する場合や生産して販売する場合は、①自社HP②アマゾンなどの仕組みを利用することができます。自社商品があれば、アフィリエイトの広告主になって多くの人たちのブログやホームページで紹介してもらう販売方法も実現します。ただし、ある程度本格的に専門店として経営する覚悟が必要になってきます。

自分で用意できる商品がない場合は、中国商品仕入れビジネスを考える前に、③のドロップシッピングを利用する方が簡単です。


〇個人のネットビジネスに関わる3つのサービスとは?
これまで商品の流れからネットショップのどの段階に関わるのかを見てきました。ネットショップを簡単に言えば、生産者・卸会社と消費者の間に立ち、商品案内をしながら消費者の欲求に応える役割があるということになります。
もう少し掘り下げてみましょう。サイトを開設するにはサーバーを貸してくれるIT業者がいます。商品を登録して販売できるアマゾンやヤフーショッピング、あるいはフリマもあります。

 ①月額利用料(サービス提供会社)
 ②販売手数料(サービス提供会社)
 ③決済手数料(決済代行会社)
単純に考えて、消費者が購入する商品にはこうしたサービス提供会社の利益が含まれています。そのうえに、販売者の利益が上乗せされます。最後に消費者は送料なども負担して購入しています。


〇儲けのカラクリ1,000円~1点売れて儲かるはずが・・・
1,000円で仕入れたもの(実際には仕入のための送料が加わる)、個人で1つ仕入れたら送料は800円なら1,800円の仕入原価になります。この商品を売価「2,980円」にすると、単純計算で利益は1,180円発生することになります。
しかし、落とし穴があります。ネットショップを運営するための経費が毎月最低でも1,000円(サービスにより異なります)かかるとすれば、儲けはほぼ0円です。もちろん、数が多く売れれば問題ありませんが、それにはサイトデザインや売れ筋商品の仕入れ・生産、広告に関する知識など学習することはたくさんあります。

10万円が手元に残るようにするためには、一般的に言えば50万円くらい売る能力が必要になるという計算も決して間違ってはいないと思っていた方がよいでしょう。
考えてみてください。実店舗を構えて50万円売ることができますか?
「ネット販売は全国だから」というひとは、ネットビジネスは止めておきましょう。地元で50万円程度が販売できる商売感覚のない人は全国でも販売できません。


〇中国ビジネスは本当に儲かるのか?
最近、ユーチューブでも盛んに広告が登場する中国ビジネスの1つの例を考えてみましょう。ノーブランドの安い靴は中国のサイトだと数百円から販売しています。これを大手靴チェーンやネットの激安通販、あるいはアマゾンなどで販売している価格を見ると、3000円前後です。
仕入価格が1,000円だとしても、2.000円儲かる計算になります。
副業で儲けることに夢中になっていると、「これは儲かる!」と思うかもしれませんが、

 ①手数料(仕入れから自分のところまで届くまでの)
 ②販売システムの利用料
 ③売れ残った場合の損失
10個仕入れて10個残ったら、商品だけで1万円の損失です。3か月頑張って売れなかったら、毎月のシステム利用料も1万円になる可能性もあります。また、現金振り込みでは売れないので収納代行会社と契約していたら、それだけでも1万円近くになる可能性もあります。(利用手続きも通らない)
これで儲かるのは、資本力と規模と時間をかけてきちんと販売モデルを作り上げた場合のみであることをよく知っておく必要があります。


〇本当に儲かるのは個人や専門店が利用するサービスの提供者
つまり、本当に儲かっているのは、大多数の個人で儲けることができないシステムを提供しているサービス提供会社なのです。この会社が悪というわけではなく、儲ける仕組みをきちんと作り上げずに安易に「中国ビジネスは儲かる」と飛びつく方に問題があることは間違いありません。