【ハウスメーカー決定!】③諸経費も算出してもらおう

一生で、一番大きな買い物『マイホーム』

私が某ハウスメーカーを選ぶまでの経緯
間取りや壁紙などの配色の決め手

完成したばかりの頃の喜びから
建ててから数年経った現在の話まで含み

超個人的に かつ主婦目線でつぶやきます♪ 


広告



こんにちは! ♪まるみ♪です。


【ハウスメーカー決定】③諸経費も算出してもらおう

契約前の見積書を、タンスから引っ張り出してきました。

全て概算ですので、建築予算の目安として参考にしてください。
って書いてある!!!
だけど、ホント概算で、建築し始めると色々な変更が出てきます。

で、契約前のざっくりな見積書の経費金額がこちら
【設計料】23万円
【工事管理費】7万円
【諸官庁手続料】12万円
【耐震力調査費】5万円
【仮説電力費】8万円

【登記費用】18万円
【火災保険料】5年で8万円
【公的融資諸費用】
【給水分担金】15万円
【上下水道引込工事】25万円
【印紙代】1万5千円
【ローン利用料】10万円
【道路水道本管延長工事】50万円

で、結局【道路水道本管延長工事】に関しては補助金が出たみたいです。

他にも、
【基礎補強費用】123万円
【1次外構工事】228万円
【2時外構工事】130万円
【プロパンガス工事】12万円
【カーテン】25万円
【照明器具】15万円
【空調機器】計画によります←確かにw

空調機器=エアコンは、結局、家電量販店で買いましたが・・・
後から思った事は、壁に穴を開ける作業があるから、やって貰えばよかったなぁ。と。

我が家は、大体このあたりならエアコンの穴を開けても良いですよと、事前に聞いてたのですが、

実際に壁に穴を開ける業者さんにとっては、

建築担当者としっかりと打ち合わせをした 客からの又聞きで、はたして大丈夫か不安
我が家の場合は後者で・・・すごく何度も聞かれたし、図面も見せたし、業者さん向けの説明書き(壁の穴のあけ方みたいな物)も見せたけど、不安そうだったぁ~ (何事もなく、しっかり設置してくれましたが)

まぁ、我が家も色々な事がありました。

上記以外の経費も実は掛かっているし(太陽光発電とか)
大本命【本体価格】が一番高いしね。
で、契約後にいろいろ追加工事も頼んじゃうから、その分はしっかり料金が掛かってきます。
ウン千万円の買い物に掛かる消費税も馬鹿に出来ない価格になります。

マイホームの本体価格や、それに伴う「設計料」「工事管理料」などなどはイメージできるけど、
それ以外の経費って、素人にはイメージできないものもいっぱい!!

本体価格以外の料金のイメージもしっかり持って、計画してくださいね!

次回の記事は④料金支払いのタイミング。です!


♪まるみ♪


広告