お食事も大事だけれど、おトイレに遣う猫砂。猫は綺麗好きなので、お食事と同じくらい気をつかってあげたい。

猫砂は、うっかり口に入ってしまうかもしれないから安全の天然素材を選びたい



猫砂。
初めて猫と暮らす時、どれを選べばいいか悩みますよね。
大事な我が子が使うもの。


お食事の次に
気をつかいたいものです。

昔は猫も自由に、お外を出入りできたけれど
最近は、【完全室内暮】ということで
おトイレの準備は大事です


数年前まで
消臭力バツグン!
固まる力もダントツ!

ベントナイト・タイプを使っていたけれど


ベントナイトって
よくよく考えたら「鉱物」なんですよ、ね。


粘土鉱物モンモリロナイトを主成分として、 石英、α-クリストバライト、オパールなどの珪酸鉱物を副成分として、 長石、マイカ、ゼオライトなどの珪酸塩鉱物、 カルサイト、ドロマイト、ジプサムなどの炭酸塩鉱物や硫酸塩鉱物、 さらにパイライトなどの硫化鉱物を随伴する 弱アルカリ性粘土岩の名称をベントナイトといいます。



数年前までコレ、愛用していました。


ふと
用をたしたあとに
肉球に挟まった砂を舐めて落とす我が子の姿を見てたら

ベントナイトが口の中に入るんですよ。


うまく ぺっ、ぺっ。と
吐き出せるときもあるけれど

つい、ごっくん。するときも。


ほんの1粒、2粒だし
すぐに排泄されるだろうけれど・・・


でも時に
胃の中に毛玉が溜まって詰まってしまう
「毛玉症」を患う繊細な猫の胃。


日々の1粒、2粒が
いずれ胃の中に。


鉱物が胃の中に溜まるのか?


そんなふと想像したら
かなり、怖くなってしまった私。




ベントナイトは しっかり固まるし
消臭力もバツグンだから

掃除する【人間】には良い商品ではあるけれど


でも、実際使うのは「猫」なんです




猫の安心を考えたら
このままベントナイトを使っても大丈夫なんだろうか?と、疑問。


そこで
天然素材のヒノキ(ウッド)タイプに変更することに。


最初こそ
固まり具合にちょっぴり弱さを感じていたけれど

それでも
問題なくちゃんと固まって
お掃除にも影響なし。


というか

投入する時や
猫がザクザク、ほっくりする時のホコリが
ベントナイトより立たないので
逆にヒノキタイプのほうが良い。

ただ。

肉球にちょっぴりひっつきやすいようで
ベントナイトの時より
家中、あちこち運ばれてしまうので

まぁ、この掃除勝負
ドロー?




消臭力はほぼ変わりなし。
ヒノキの香りがする分
ヒノキタイプの勝利!


使ってみて

1か月後のおトイレの匂いで比べたら
ベントナイトは徐々に
猫のツンとするアンモニア臭が残るようになって
総入れ替え、洗浄が必要になるけれど
(これが結構、大仕事)


ヒノキは
1か月後も臭わないので
トイレの縁(壁)を除菌シートで
サッとひと拭き。

砂の総入れ替えも、そんなに頻繁にしなくてよいので

むしろ
ヒノキタイプ、圧勝!


ベントナイトは鉱物なので
それなりの重量があるので
年々、持ち運びが重労働になってしまったけれど


ヒノキタイプの軽さにはびっくり!


7リットルの袋を2袋
片手で持ち上げることもできる軽さ。
(怪力と言うわけではないですよ)



価格も
ベントナイトより
ヒノキタイプのほうが安いものが多い!



つまり。

使う我が子にも安心。

固まる力もちゃんとあって
消臭力もバツグン。

それでもって
安い!!



それでもまだ
あなたはベントナイトタイプ、使いますか??



ホワイトウッドの猫砂 10L×5袋 【木系の猫砂/ねこ砂/ネコ砂/猫砂 固まる 流せる 燃やせる 消臭 国産】【猫 トイレ 砂】【ひのき 欧州ヒノキ】【猫用品/ペット用品】【あす楽対応】同梱不可


こちらのお店は
ヒノキの香りの他に
桜の香りもあるそうです。

ヒノキの香りも良いですが
桜の香り、気になります・・・

天然素材の【猫砂】

7リットル、9袋。
送料込で 2,722円はかなり格安です

猫砂 天然素材 流せるひのき砂(7L*9コセット)【オリジナル 猫砂】【送料無料】[ペットランド]



こちらも1ℓあたり67円と
お手頃価格です


【沖縄以外送料無料】常陸化工 スーパーウッディー 7L×6袋【猫砂 固まる ひのき】