1年分をまとめて買うことがないので気にしたことはなかったけれど、1年で使う猫砂の量を計算して唖然。

多頭暮らしは「猫砂」の消費量も半端ない!



7リットル入りの猫砂を総入れ替えをする時以外は
日々の排泄物を取り除き、
少なくなった分を足すだけなので1日で1袋を使う事はないけれど
それでも1袋では2日はもたない感じ。

猫も「生きている」ので、
日々の状況によって排泄物の量も微妙に変わり、1日で1袋を消費する時もあるけれど
それでも

1.5袋を2日で消費する。そんな感じだろうか。

つまり、単純に計算すれば、1年で約245袋必要になってくる。という感じ。


総入れ替えで一度に3袋使うこともあったりするので、
正確には数量は出せないけれど、おそらく、なんだかんだで約280袋

どうやらこれだけの猫砂を我が家では使っているらしい。
一度にこれだけの量を買うわけではないので、これまであまり気にしてなかったけれど。

猫砂の平均価格は500円前後である。
単純に500円で計算すれば、
280袋(1,960リットル)の猫砂を買うと 14万円(1リットル当たり71円)

いや、ビックリ。
計算しなきゃよかった。


猫のお世話に必要なのは「おトイレの砂」だけじゃなく
「ご飯」やら「おやつ」やら他にもいろいろあるわけで。

どうりでいつも「貧乏」なわけだ(笑)

今でこそ、
7リットル入りの猫砂を選んで買っているけれど
ふらり住み着いてしまった「野良ネコ6匹」を、家猫にするまでは
我が子は1匹だったので「5リットル」を使用。

そのまま「5リットル」を使っていたら、多分1日1袋の消費ペースになるだろうから
単純に365袋が必要になってくる。
ただし。
7リットルの猫砂を280袋買うと1,960リットルになる計算なので
1,960リットル÷5リットル=392袋が必要になってくる。

392袋×500円=196,000円 と言う計算。
約20万円である。

いやはや。

280袋を一度に買っても置いておく場所がないので、
一回に買う数量はだいたい20袋前後です。

猫砂の価格は、しょっちゅう変わるので
購入が必要な時には調べなければならないけれど、今回の購入で選んだのはコチラ。


【クーポン】猫砂 流せる ひのき 消臭 ひのき猫砂 7L×7袋 【送料無料 あす楽】


今の場合 こちら
49リットルで2,790円 
1リットル当たり56円。

我が家で必要らしい消費量 1,960リットルを買うとした場合、40セット必要。
40セット×2,790円=111,600円。

ずいぶん、節約になりましたね。
さらにこちら。


猫砂 天然素材 流せるひのき砂(7L*9コセット)【オリジナル 猫砂】【送料無料】[ペットランド]



こちら、9袋で2,722円なので1袋が302円
1リットルあたり、43円。
年間に必要な280袋×302円=84,560円

500円を買った時の半分以下です!



我が子ひとりの時は、実はこちらの商品を愛用してました。(香なしタイプ)

スーパーで購入してだいたい、498円から530円くらい。
高くて560円

この砂、本当によく固まったし、消臭力もよい。
今も、一番人気のようです。

我が子ひとりのままだったら、何も考えることなく
今もまだ、この砂を使っていたんだろうな。と思います。

そのくらい、良い商品だと思っていました。

でも7匹がともに暮らすようになってしまっては、500円もするこの猫砂には手を出せなくなる。

先に紹介した


【クーポン】猫砂 流せる ひのき 消臭 ひのき猫砂 7L×7袋 【送料無料 あす楽】




猫砂 天然素材 流せるひのき砂(7L*9コセット)【オリジナル 猫砂】【送料無料】[ペットランド]



この猫砂。
実は「安い」というだけで選んで購入しているわけではないのです。
とはいえ、このタイプの中で一番安いモノを探しましたが(笑)

この猫砂はどちらも「天然ひのき」タイプ。
自然の物。

それまで使っていた猫砂は「ベントナイト」タイプです。
ベントナイトというのは「鉱物」。

だから5リットルでも、結構な重量があり、両手で持たなければ腰を痛めてしまうほど。

「ひのきのタイプ」はものすごく軽く、7リットルを片手で2袋は持てる!

「固まり」具合消臭力「ベントナイト」タイプには劣らないですし
逆に、「ヒノキ」の香がほんのり漂い、いい感じです。



埃も「ベントナイト」より立たないので、床のお掃除が楽ちん。
ただし一粒、一粒が軽いので、おトイレから飛び出してくる時の飛び散り具合は半端ない。
でも、ホウキでササッと掃けば、あっという間に綺麗なる。問題はないです。
なにより、このタイプを選ぶ一番の理由は
「天然素材」なので、我が子に安心なこと。


今まで何も考えずにつかっていた「ベントナイト」タイプだったけれど、
素材は「鉱物」なんです。
肉球に挟まった猫砂を舐めて落とす我が子達の様子を見て、あれが胃の中に入ったら?
あの鉱物、ちゃんと排泄されるのだろうか?

固まりの良さと消臭力を理由に、長い間「ベントナイト」タイプを使っていたことを後悔。