昔と違って今の猫は「完全室内暮らし」が当たり前。大地を駆け回ることのできない猫にキャットタワーが大活躍

猫は上下運動ができれば狭い空間でも大丈夫なんですって。



ひと昔の猫は、青く広い空の下
自分のなわばりチェックであちこち、のんびり歩き回り
たまに、スズメや虫を追いかけて大地を思いっきり走り
疲れたら太陽の下でお昼寝

それが当たり前だったけれど

現在では
どんどん大きな道路が作られると、そこを走る車も多く、
交通事故で命を落とす危険や
猫嫌いの人からの虐待

猫たちの命を守るため「完全室内暮らし」が推奨されています。

解ってはいても、私は最初の頃
広い空の下で駆け回り、土の感触を知っている猫たちを
お家の中に閉じ込めることに疑問を感じていました。

我が家は「来るもの拒まず、去るモノ追・・・」探しちゃいますが。

アメショの息子を慕いいつの間にか我が家で寝るようになっていた野良ネコ兄弟(6匹)たちを、
新しく越してきたご近所との関係など、いろいろあって「完全室内」にすることに。

お外に出られなくなったとき、脱走すべくどれだけ暴れるだろう?と心配していたけれど
案外、猫たちは「閉じ込めれらた」状況を受け入れるのも早く
夜になっても、帰らない仔を心配する必要もなくなったこともあり
今では「完全室内」も悪くない、と思うように。

それでもやっぱり、お外で遊んでいた時に比べれば運動量がうんと減るので
「運動不足」が心配に。

これまで共に暮らし「お外に自由に出て遊んでいた仔」たちに比べれば
今の子たちのお腹まわり・・・たるんたるん。

写真を見せれば「大福みたい」と笑われます

昔に比べ「猫フード」の栄養も良くなっているのも、あるのでしょうね。



さて。
キャットタワーがどれだけの運動不足解消になるのか?

そもそも外に出ていても、安心できる場所で寝ていることのほうが多いのが、猫というイキモノ

キャットタワーで運動不足解消!と言いつつも、寝ている方が長いので、
運動不足解消になっていないような気もします(苦笑)

それでもお外で遊べなくなった猫たちにとって、居心地の良い場所が増えるのはいいことです。
猫の祖先は木の上で生活していたので、猫は上下運動ができるだけで満足する。と言われています。
運動不足解消にはならないかもしれないけれど、

ストレス解消にはなるでしょう。


【ポイントアップ★15%OFFクーポンも配布中】キャットタワー 据え置き 猫タワー 全高150cm ハンモク 階段 梯子 多頭飼う キャットハウス 猫ベッド 隠れ家 おもちゃ おしゃれ つめとぎ爪とぎボール ねこタワー


体の大きな子は、ハンモックが苦手のようです。
(うちの仔はみな、揺れる場所を嫌います)
ハンモックを使うのは、子猫の時からが良いようです。

うちの猫(おデブ揃い)が使いやすそう。と思ったキャットタワー選


【ポイントアップ★15%OFFクーポンも配布中】キャットタワー 据え置き 爪とぎ 猫タワー おしゃれ 据え置き型 麻紐 全面麻紐キャットタワー全高145cm cattower 新作




【ニオイなし!お掃除簡単♪】キャットタワー ペッツデポ ベーシック ねこタワー クラウド ハンモック付き綿縄ポール製据置タイプ (据え置き おしゃれ 猫タワー)



狭い隙間に挟まって寝るのが好きだったりもするんですよね^^;

【安心1年保証】安定・安心設計☆シニアねこ向け階段タワー/Mauタワーアントレ/おしゃれなキャットタワー/ねこタワー/据え置き/送料無料




【安心1年保証】シニア・大型・ジャンプの苦手なこに/Mauタワーエスカリエ/低い段差・広いステップ台の階段タイプ/キャットタワー/ねこタワー/据え置き/ピンク・ベージュ【別売り部品で永く使えます♪】