El CapitanインストールUSBを作っちゃったよ!の巻



Mac OS X エルキャピタンのインストールUSBを作ったので作成手順です。

インストールメディアに作成して保存しておくとOSのクリーンインストールやリカバリをするときに便利です。



※インストールUSBを作成するにはMac OSがアプリケーションフォルダにあることが前提です


用意する物

USBメモリ(8GB以上のUSB)

インストールUSBを作ってみたところ


■Mavericks

■Yosemite

■El Capitan

■Sierra

■High Sierra


■Lion      ※Lionは作成方法が違います。


LionインストールUSB作成方法はコチラ


上記OSは8GBのUSBで可能です。


USBの用意ができたら次はMacにUSBを挿してください。
Macでユーティリティーを開いてディスクユーティリティーに進みます。
そこにさっきのUSBがマウントされてればUSB名が表示されます。




消去を選択→フォーマット作業に進みます。

下記の画像が出ると思うのですが名前の部分を変更します。


私はここで早くもつまずいたんですけど、名前の変更をしないで各部未設定のまま進んで行ってしまったので名前のとこを MyVolume に変更してください。面倒ならコピペでも大丈夫です。



そして、画像のようにMac OS拡張(ジャーナリング)を選択したら下画像の青くなってる消去をクリックでフォーマットが始まります。





そうしたら、Macのターミナルを開いてください。下画像の黒いやつです。





ターミナルを開いたら下のような画面になると思うんですけど、画像ではボカシが入ってる部分にグレーの四角部分がでてるかと思います。








sudo /Applications/Install\ OS\ X\ El\ Capitan.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/MyVolume --applicationpath /Applications/Install\ OS\ X\ El\ Capitan.app



グレーの部分に上記をコピペします。
貼り付けたら〔リターン〕キーを押してパスワードを入力するんですけどパスワード入力時には何も表示は出ないのでそのまま入力して〔リターン〕を押してください。

そしたら最後に Y を入力したら〔リターン〕を押す。
これでターミナル画面が進みだして勝手に作成されていきます。

作成完了の合図的なものは、下記画像のように、copy completeが表示されて自分のMacの名前が表示されたら完成です。





作成時間が少し長いので途中で心配になるかもしれませんが私の環境では
USB2.0で約30~40分でした。

※インストールUSBがきちんとインストールされているか確認するには
USBを挿したまま再起動をして最初の起動音でジャーン♪となったらoptionを押したままにしてください。

使用したUSBメモリ


目次