「2019小樽雪あかりの路21」運河会場は200個の浮き玉キャンドルが素敵!

小樽雪あかりの路を10倍楽しむ!

2019年小樽雪あかりの路21とは


様々な国から、外国人が訪れ「北の原宿」とネットで話題の小樽。

坂の街、港の街、運河の街、人情溢れる街。

情緒漂う街並みや幻想的な小樽運河で有名となり、札幌からJRで35分の立地。

観光客が必ず訪れる小樽運河周辺散策やグルメも人気です。

すっかり有名となったルタオの洋菓子や寿司屋通、なるとの唐揚げなど海鮮からスイーツまで様々なグルメが味わえます。



そんな小樽で毎年開催されている、ろうそくで街が埋め尽くされる幻想的なイベント、「小樽雪あかりの路」
10日間の開催にもかかわらず毎年50万人が訪れる、人気のイベントとなりました。

小樽市内あちこちでキャンドルがともり、手作りの可愛いオブジェが立ち並ふ、心温まるイベント。
運河周辺でもあかりがともり、デートには最適。

メインの手宮線会場と浮き玉キャンドルが幻想的な運河会場まで、歩き方や楽しみ方、防寒対策にはどんな服装がおすすめなのか?
今回は、そんな小樽雪あかりの路を紹介します。

「小樽雪あかりの路」日程と会場について

2019年の「小樽雪あかりの路21」の開催日程は、
2019年2月8日(金)〜17日(日)
午後5時~9時まで。

参照http://yukiakarinomichi.org/小樽市内中心部マップ《2018年版》

メイン会場
手宮線会場(旧手宮線跡地にて開催)と運河会場(小樽運河沿いにて開催)
朝里川温泉会場
☆温泉地の朝里川温泉会場は「川の会場」としても知られ、川面のキャンドルの灯りが幻想的です。

☆準メインの天狗山会場は小樽を代表する絶景スポットで、夜景とライトアップにより幻想的な雰囲気が楽しめます。

期間中は中央バスの各会場を結ぶバスが運行されています。
小樽観光協会の「おたるぽーたる」から観光マップがダウンロードできます。
おたるぽーたる

「小樽雪あかりの路」会場へのアクセスについて

新千歳空港からは乗り換えなしで行けるJRが便利です
新千歳空港⇒小樽 快速利用で 72分
札幌⇒小樽    快速利用で 32分

高速バス利用の場合 札幌ターミナル⇒小樽駅前 60分

【小樽市内から各会場へのアクセス】
毎年、各会場を結ぶシャトルバスが運行されています。
料金は一律大人220円、子ども110円。
詳しくは「中央バス」のHPで確認してください。
中央バスHP

小樽駅から徒歩で5分の手宮線会場

小樽駅から運河会場までは、15分くらいで歩ける距離ですので、街並みを楽しみながら散策して
みましょう。

先に手宮線会場へ。まずは、小樽駅を出たらロータリを横切りそのまま運河の方へまっすぐ下って行きます。
途中、歩道のあちこちでキャンドルやオブジェが飾られており、あらゆる場所が、SNS映えするスポットとなります。

5分ほど歩くと、メイン会場の手宮線会場が見えてきます。
かつて道民の移動手段として活躍した「旧国鉄手宮線」
1985年に廃線となりましたが、当時の線路を残しつつ、整備され、さまざまなイベント会場としても活用されています。

イベント期間中はこの線路に沿いさまざまな、キャンドルやオブジェ、写真撮影スポットもありますので、ぜひ思い出の1枚を。


運河会場は水面の浮き球キャンドルが幻想的


駅前通りを運河の方へ下ると、運河会場です。
散策路のレトロなガス灯とライトアップされた倉庫群。

運河の水面には、200個に及ぶ浮き球キャンドルがゆらゆらと漂います。
普段でも幻想的な小樽運河が、いっそう素敵な演出を見せてくれます。

また、運河沿いの散策路にもキャンドルが並べられ、さまざまなオブジェを楽しむことができて見ごたえがあります。
幻想的な運河を背景にぜひ素敵な1枚を撮影してください。

寒くなったら近くの運河プラザでちょっと休憩

運河プラザ 手宮線会場や運河会場を楽しんだら、体も冷えてきますね。そんな時は、近くの運河プラザでちょっと休憩しましょう。
歴史的建造物である旧小樽倉庫の南側を活用して、平成2年に開設しました。
駅前の道路と運河沿いの道路が交わる交差点にある、レンガ造りの建物です。

休憩のついでに、小樽のお土産や喫茶コーナーもありますので、ゆっくり暖まりましょう。
もちろんトイレもあります。



夜は冷え込みます!防寒対策におすすめの服装は?


2月の北海道は1年で一番寒い時期です。夜はマイナス10℃近くになる日もあります。
露出部分をなるべく少なく、手足を暖かくするのが、防寒のポイントです。
おすすめの服装は
・ヒートテックなどの暖かいインナー(長袖)
・フリースやセーター
・ダウンコート(ロングタイプがおすすめ)
・厚手の手袋や耳が隠れる帽子、厚手の靴下(2枚重ねも)
・マフラー

特に夜は寒さが厳しくなりますので、重ね着が必須。防寒性のある手袋、帽子、マフラーや靴下も
できれば厚手の物や2枚重ね履きでもよいです。

とにかく、手や足を冷やさないようにすることが重要です。
また、北海道では建物内は気密性が高く、室内はとても暖かくしているため、ホテルや電車内では暑く
感じることもあります。
そのため、重ね着して脱ぎ着しやすい服装にすると便利です。


愛のフォトコンテストも開催


期間中、「小樽雪あかりの路」に関わるイベントの模様や街並み、風景等を撮影した、「愛のフォトコンテスト」が催されます。
ぜひ、素敵な一枚で応募してみてはいかがでしょうか。

まとめ

小樽市内がろうそくのあかりに包まれる、幻想的なイベント「小樽雪あかりの路」
さっぽろ雪まつり期間と重なる日程ですので、札幌と小樽両方楽しんでみてはいかがでしょうか。
昼間は小樽市内観光やグルメを満喫して、夜に「ゆきあかりの路」
北海道旅行をぜひ楽しんでください。
皆様の参考になれば幸いです。