新聞記者・Webデザイナー・企画広報など憧れの職業へ転職

優れたプランナー&編集者はひっぱりだこ! Webコンテンツと広報宣伝情報のプロをめざす

女性のための転職・再就職セミナー~広報・編集部門への道

見えるロジカルシンキングでライバルに勝つ
転職や再就職を希望する女性のなかには広報や販促企画、ライターやWeb制作など華やかな舞台で活躍したいと思う人も多いでしょう。こちらのサイトは、主に編集業をめざす方を応援するパソコン編集プラザです。マスコミやWeb制作事務所とともに、販促企画部門で活躍できる人材を募集する企業も多くみられます。経験者は有利ですが、まったく経験がなくても採用担当者が一目置かざるをえないスキルを身につけて、チャンスを逃さないようにしましょう。業界で通用するスキルの基本は、ロジカルシンキングです。決して、デザインの感性がないとあきらめてはいけません。デザインが外注すれば簡単に処理ですますが、企画を立て、シナリオを組み立て、実現するスキルのもとはすべて論理的思考法にあります。

記者会見の現場リアル~報道記者だけが知る官公庁記者会見の現場

〇女性記者も直接トップに質問できる絶好の機会
官公庁が行う記者会見の多くは、記者クラブ加盟社の登録記者登録した者だけが参加できます。記者会見場が設けられ、普通はトップが定例で行っています。大手新聞やテレビはもちろん、地方紙に至るまで女性記者が多く存在します。
記者クラブ主催のものと官公庁や企業が広く広報したい内容を発表するために主催するケースがあります。定例会見ではその時の会見の目玉ニュースを用意しているので、最初の質問は幹事社が代表して行い関連質問に移る流れで進行します。
あらかじめ綿密な打ち合わせに基づいた資料が配付されることが多いため、資料を読めばアウトラインはつかめます。読解力が求められることが実感できる緊張感もあります。
質問内容はおもに、裏付け部分に集中します。そのなかから整合性が十分確認できない内容へと深まっていくものです。この掘り下げを行うスキルが質問力です。
つまり、論理的に発表内容の整合性が取れているかどうかを、読解力や質問力を駆使して確認しているのです。その目的は、なんといっても第三者に正確に伝わる記事を仕上げるためといってよいでしょう。
つまり、ニュース原稿は論理的に整合性が取れデータなどの客観性も担保された情報になっているのです。
今ならWebコンテンツ記事ライターの基本スキルを学ぶ(3,980円・税別)ことができます。論理的思考法・情報編集力を基本とした実践スキルを身につける個別対応講座

①広報や企画部門に再就職・転職したい
広報や企画、販促部門や業務はやはりビジネスウーマン憧れの職種です。仕事のやりがいもありますが、条件の良い求人だと競争率も上がります。まったく経験がない方でも、ほかの応募者とは一線を画すスキルを習得していただきます。

②営業職に再就職してお金を稼ぎたい
保険や住宅営業など、レジやレストランのパートさんより確実に高い給与を受け取ることができます。しかし、営業は結果がすべて。新規開拓の手法とともに、Wordを使って自由にチラシを作ることができる実践的なスキルを身につけていただきます。

③ライターの仕事に就きたい
地域情報誌や支局のサポート社員を採用する大手新聞社もあります。公共放送でも募集することがであります。契約社員ですが、新聞記者として活躍できるチャンスも。新聞記事、Webコンテンツ記事、セールスライティングなどのライティングテクニックを論理的に理解し、取材の方法から実践的な記事の書き方まで指導します。

④Webデザインの仕事がしたい
Web制作に必要なスキルは、HTML・CSSなど技術的な知識とともにデザイン力、さらにライティング力も求められます。この3つのスキルを短期間(30日~)で身につけていただきます。

⑤コンサルタントとして活躍したい
在宅ワークでもキャリアを活かしコンサルタントとして活躍できます。業務やスキルを論理的に見える化し、講師として講座が開けるスキルを基本に集客コンサルタントとして活躍できるまでスキルアップを図ります。個別対応の講師養成プロジェクトです。

マスコミ業界やWebコンテンツ業界で働きたい女性や若者のデザイン&ライティングスクール

現在、ビジネスの現場でもっとも必要とされるスキルが「情報編集力」です。情報編集力は、大きく2つのステージが考えられます。
 〇ヒントから企画を立てシナリオを描くスキル
 〇Webコンテンツの設計と執筆(管理)ができるスキル
最初のスキルはビジネス編集力につながり、リーダーとして情報編集のスキルに基づいて組織運営するスキルです。
後者は、検索ワードなどの分析をしながらWebコンテンツの設計から公開までディレクションするスキルです。雑誌編集経験者などがキャリアを活かして、新たな企画に基づくWebメディアを次々と誕生させています。

これらに共通するのは、記事を書くスキルが基本になっているということです。つまり、論理的な思考力に基づいた情報発信です。これまで主流であった広告、デザインによるビジュアル表現一辺倒の情報発信のあり方が劇的に変化を遂げています。
広告が消費の喚起のための情報発信であるのに対して、Webメディアなどの記事を主体とするコンテンツは「購入までのプロセス」を立て、情報で誘導し、自己決定につなげるシナリオによって成り立っています。

パソコンを使い情報編集のキャリアを積むことは、最終的にはコンサルタントとして活躍できる世界が待っています。たとえば、日報コンサルタントも注目の職種です。社内情報の共有化によって新たな企画を生みだし、会議を効率化し、プロジェクト情報も社内で共有します。 当然、共有化のながれはお客様との間でも構築されており、CRM(Customer Relationship Management)を導入することでお客様の囲い込みや口コミ客の誘導へとつながっているのです。 情報編集力、特に女性のみなさんでも基本を知って経験を積めば活躍できる世界の話です。高学歴のキャリアをお持ちならなおさら、スーパーのレジのパート勤務だけで自身の能力を開花させないままで過ごすのはもったいない話です。記事の書き方、Webコンテンツの基本を学び、大きな世界へと足を踏み入れてください。

社内情報共有化コンサルタント(日報&会議の評価分析運営支援)として活躍!



Webコンテンツ記事ライターの基本スキルやコーチングなど合わせて9コースあります。お選びください。

もしもドロップシッピング&アフィリエイトでまず基本をマスター


Webコンテンツライターになるために必要な基本スキル
 ・ライティングスキル
 ・テーマの設定と雑誌の特集ページをイメージした編集企画
 ・HTMLとCSSの基本スキル
上記3つのスキルを、もしもアフィリエイトともしもドロップシッピングを使って習得します。(個別対応講座)