もしもアフィリエイトでWebデザインをマスター

もしもアフィリエイト5つのメリットとは?~検索ワードと記事の書き方も同時に習得

もしもアフィリエイト個別対応講座

〇優秀なWebコンテンツライターはひっぱりだこ! ネットショップやLP(ランディングページ)の作り方は少し違いますが、現在、Web上にはWebメディアが検索上位に登場するようになっています。グーグルのロボットによる上位登場判断が「情報の質」「量」「更新」であり、AIがその判断をするようになったことで「情報の整合性」まで評価されます。さらに、滞在時間。そのページの滞在時間が長いということは、来訪者が情報に関して深い興味を持っていることの裏返しです。さらに、サイト内のどのページへ移行して関連情報を求めたかまでAIによって評価されます。
つまり、サイト内にしっかりとした自己完結力のある情報が掲載されているかが重要なのです。その検索対応に貢献するのが、Webメディアに代表されるコンテンツ記事ということになります。
このメディア全体を企画し、組み立て、記事のディレクションをする優秀なライターはこれかでもますますニーズが高まります。
一方で、主婦ライターが最初からこの仕事ができるわけではありません。経験、キャリアを積む必要があります。しかし、強い意志と、コンテンツ記事の書き方のセオリーを学べばプロの世界へと入っていくことができます。

〇基本的なHTMLを学びながら記事執筆ノウハウを磨く! もしもアフィリエイトには、5つのメリットが挙げられます。
 ①無料で30サイト以上作れる
 ②テンプレートを最大限活用できる
 ③アフィリエイト広告の配置が簡単
 ④記事を書かなければ検索対応ページとして認識されない 
 ⑤実践手法で収益を得るポイントが見えてくる
このほか、表示数やクリック数などもほぼリアルタイムでわかるデータ分析機能もついています。
簡単に開設しておきましょう。

①無料で30サイト以上作れる

実は、同じ商品(アフィリエイト商品)でも、切り口によってさまざまな販売方法があります。
たとえば、保険商品のアフィリエイトサイトを運営するとしましょう。
通常、Webで収益を上げる基本的な考え方として、
 「保険ショップです」「お問い合わせください」というサイト構築はあまり得策ではありません。

 「生命保険が必要とされる現状を明らかにし」「社会データで裏付け」
 「こういうケースで重要度が高まり」
 「生活のなかの貢献度」「緊急性のアピール」などによって、自己投資判断へと向かわせます。
この役割を担うのが、Webコンテンツの記事、つまり文章なのです。読ませることで、必然性を生み出します。

一方、災害が起こると保険ニーズが高まります。防災に必要な商品として保険を位置づける切り口もあります。有名大学への進学率にある一定の傾向、たとえば年収1000万円以上の世帯は有名大学に入る可能性が高いという社会データや傾向が公になった場合、ファイナンシャルプランニングの情報と合わせてコンテンツのなかに入れ込みます。
もしもアフィリエイトは30サイト以上無料で作ることができるので、切り口を変えて複数のサイトを運営することができます。

簡単にいえば、昔から言われている専門店商売に過ぎないということもできます。専門店の親父さんは、社長さんは、特定の分野にものすごく造詣が深く、その分野ならなんでも相談に乗ってくれるという営業スタイルです。高学歴社会になり、専門店には優秀な人材確保ができなくなりました。しかし、ある特定の趣味にものすごく造詣が深い従業員なら、新しい売り方、切り口に参画できるのです。それが、Webコンテンツマーケティングの世界です。
そのため、Webメディアの運営者は専門家に記事のライティングを依頼したいと考えています。しかし、記事はプロ並みのレベルを求めています。両立は難しいし、どちらも対応できるライターは極端に少ないといえます。
もし、普通の主婦でも美術品に造詣があったら、美術工芸の知識はそう簡単には習得できませんが、ライティングなら一定の経験で執筆できます。趣味や特技を生かす、ライターになる人は自分の個性を生かしたライターとして成功するイメージを持ちましょう。

②テンプレートを最大限活用できる

もしもアフィリエイトはCSSの書き換えはできません。しかし、基本となるテンプレートを選んでショップ名や検索対応の解説文を加えれば、あとは見出しと本文を書くだけですぐにアフィリエイトショップが完成します。アフィリエイト広告は次の欄で紹介します。
また、記事はブロック欄を使って段落と内容を整えることができ、会話形式のフォーマットでビジュアル効果も出せます。当然、写真はほぼ自由に指定配置できるため、文字が少ない解説文の欄には写真を左右どちらかに配置して本文を流せば、読みものとしてのレイアウトも実現します。文字の太さや色、画像の配置やリンク、右左配置などボタン一つで指定することができます。
プロ並みに自由にデザインすることを求めることはできませんが、検索対応、コンテンツ記事、そして充実した商品紹介は可能です。プロが作ったハイレベルのサイト運営が必要なら自分でサーバー契約をしてもう1つ用意することもできます。いずれにしても、もしもアフィリエイトは基本的なHTMLのしくみがわかるので初心者はぜひ活用して基礎的な知識を習得すると良いでしょう。

③アフィリエイト広告の配置が簡単

アフィリエイト広告は本文中に差し込むこともできます。例えば、テキストリンクにすれば本文の一部に自由に入れることも可能です。
しかし、最初はサイドバーにまず入れてみましょう。サイドバー編集を開くと、アフィリエイト専用の挿入欄を増やしていくことができるので、ソース書き込みのスペースをクリックしてアフィリエイト挿入ボタンをクリックすれば別ページが開きます。検索して求める広告企業を探したら、「提携申請」か、提携していれば広告リンク取得かどこでもリンクをクリックして広告を自動挿入します。
テキストリンクや自由にページが選べる方法もあるので、使い分けてみましょう。画像を自分で用意してアフィリエイトリンクを張ることもできます。

④記事を書かなければ検索対応ページとして認識されない

もしもアフィリエイトの特徴は、記事を400字以上書かないと表示されないという点です。プロの世界でコンテンツとしての記事がいかに大きな役割を占めているかが理解できるしくみです。
「記事を書くなんて、とてもできない」という心配はいりません。基本を知り、慣れれば簡単です。小説を書くわけではありません。ありのままを根拠を交えて書くだけです。場合によったら主観を入れますが、その際は前述した対話形式のブロックを挿入してイラスト男女が会話をしているような表現にすることができます。
簡単にいえば、昔から言われている専門店商売の接客に過ぎないということもできます。
専門店の親父さんは、社長さんは、特定の分野にものすごく造詣が深く、その分野ならなんでも相談に乗ってくれるという営業スタイルです。高学歴社会になり、専門店には優秀な人材確保ができなくなりました。しかし、ある特定の趣味にものすごく造詣が深い従業員なら、新しい売り方、切り口に参画できるのです。それが、Webコンテンツマーケティングの世界です。
そのため、Webメディアの運営者は専門家に記事のライティングを依頼したいと考えています。しかし、記事はプロ並みのレベルを求めています。両立は難しいし、どちらも対応できるライターは極端に少ないといえます。
もし、普通の主婦でも美術品に造詣があったら、美術工芸の知識はそう簡単には習得できませんが、ライティングなら一定の経験で執筆できます。趣味や特技を生かす、ライターになる人は自分の個性を生かしたライターとして成功するイメージを持ちましょう。

⑤実践手法で収益を得るポイントが見えてくる

トップページだけでも頻度の低い、あるいはコアなキーワードに対しては検索上位に登場させることは可能です。しかし、滞留時間やページの移動など質の高いコンテンツとして検索ロボットが認識するためには全体ストーリーにのっとった複数のページ(コンテンツ)で構成する必要があります。
記事だけで商品を販売したりアフィリエイト広告をクリックしてもらうためには、それなりにトレーニングが必要です。でも、もしこのサイトをご覧になった方が、もしもアフィリエイトを利用したいと思って検索して来訪したのであれば、あまり考えずに広告をクリックしてもしもアフィリエイトの利用を開始したでしょう。
しかし、サイト間競争も激しくなった今日、もしもアフィリエイトを「知らない方」でも話を聞いてみたら(サイトではコンテンツを読んでみたら)「欲しくなる」、そんなコンテンツが求められているのです。
 「知らなかった人」に価値が伝わる
 「知らなかった人」が自分にとって必要な商品と思うようになる
 「知らなかった人」が自分に役立つ商品はコレだと決めてしまう
これが、Web記事を主体としたコンテンツのあるべき姿です。こんなおもしろいライティングができるライターに、あなたも30日もすればなっているのです。そのノウハウを身につけることができる簡単なサービスが、
もしもアフィリエイトです。

もしもアフィリエイトでHTMLと記事の書き方を覚え副収入を得るノウハウを習得