新聞記者になる方法

女性のための転職・再就職セミナー~広報・編集部門への道
転職や再就職を希望する女性のなかには広報や販促企画、ライターやWeb制作など華やかな舞台で活躍したいと思う人も多いでしょう。こちらのサイトは、主に編集業をめざす方を応援するパソコン編集プラザです。マスコミやWeb制作事務所とともに、販促企画部門で活躍できる人材を募集する企業も多くみられます。経験者は有利ですが、まったく経験がなくても採用担当者が一目置かざるをえないスキルを身につけて、チャンスを逃さないようにしましょう。業界で通用するスキルの基本は、ロジカルシンキングです。決して、デザインの感性がないとあきらめてはいけません。デザインが外注すれば簡単に処理ですますが、企画を立て、シナリオを組み立て、実現するスキルのもとはすべて論理的思考法にあります。


〇新聞記者・情報誌記者への転職と再就職 大手新聞社への転職や再就職はキャリアがないと難しい面もありますが、地方都市で発行しているグルメや観光情報誌のライターは比較的、求人も出ていると考えて良いでしょう。女性ライターは「おしゃれ」や「主婦目線」などと言って比較的採用されやすい傾向にあると言えます。
しかし、こうしたライターはあまり待遇面で良いとは言えません。特に頭の良い女性にとっては進化しない記事をいつまでも書くことになるため、経験を積めば積むほど楽しさは半減します。
グルメ情報誌であれば、いつまで経ってもお店に取材交渉をして「ラーメン」記事ばかり書いていたのでは成長がないということです。

〇大手新聞社の記者の仕事は地方都市の情報紙とは比較にならないほど高いスキルが必要 大手新聞社の記者であれば支局長や本社編集部で紙面整理の仕事まで関わってきます。もっとキャリアを積めば解説委員という仕事もあるのです。大手新聞社とローカルの個人経営に近い発行所が行う業務とは、情報編集の質がまったく異なるのです。社会的影響力も違います。広告はしょせん、広告なのです。本当の編集の仕事がしたい女性には関心が薄れてしまうと言っても言い過ぎではありません。
もしタイミングよく情報誌やフリーペーパーのライター募集案件があれば、DTP編集やWebコンテンツライティングの業務も併せて行っているかどうか確認してみましょう。これから伸びる分野は、Webコンテンツライターです。

〇Webコンテンツライターになろう Webコンテンツライターには、Webサイトを構成するHTMLやCSSの知識や応用力が求められます。また、検索ワードに対応したコンテンツを執筆する必要があります。このライティングは、いわゆるお店紹介、メニュー紹介のちょうちん記事とは違います。全体のシナリオがあって、商品価値をとことん掘り下げて発信するのがWebコンテンツに求められています。ちょうちん記事を書くレベルでは、競合他社との差別化はできません。

〇新聞記者や情報誌ライターになる準備 新聞記者への転職は学歴とキャリア、あるいは高度な専門性の高い知識や経験を持っていることが条件です。キャリアも、地方紙レベルの記者経験では通用しません。少なくともブロック紙レベルの大きな新聞社で経験を積む必要があります。何も経験がない女性はいくら頑張っても大手新聞社への転職は不可能です。
しかし、情報誌ライターからWebコンテンツライターへステップアップすることは、まったく経験がない女性でもできます。情報紙ライターの募集があれば、チャレンジすると良いでしょう。求人誌や職安で募集しているので求人の情報はいつでも手に入れることができます。