ライセンスの種類

アメリカの飛行機免許のシステムについて

ライセンスの種類

航空関係のライセンスといっても様々です。
自分の希望にあったライセンスを目指しましょう。

趣味で楽しむライセンス
・Private pilot
・Recreational pilot
・Sport pilot

ステップアップ
・Instruments rating
・Multi engine
・Seaplane

プロを目指すなら
・Commercial pilot
・Airline Transport pilot
・Flight instructor

そしてそれぞれのライセンスの中でも
機種が分かれています。
・Airplane
・Glider
・Lighter than air
・Wight shift control
・Giro plane
・Helicopter

他にメカニック(整備士)のライセンスもあります。
取りたい免許が決まったら早速勉強。
今はamazonでテスト対策の参考書が手に入るので便利ですね。
毎年8月に更新されるのでその時期に購入を考えている人は注意して下さい。
学科のテストは対象年度のテキストから主に出題されるので
自分の受ける年度のもので勉強する方が有利です。
どこの学校でも共通で使われるのはASAの問題集と
Jeppsenの参考書類です。
関連書籍にリンクを貼っているので参考にしてください。

アメリカでライセンスを取る際、英語を理解できて読んで話せるということが絶対条件です。
いくら日本より安いといっても渡航費や生活費を含めて百万円単位のお金がかかります。
一度テキストを見て頑張れそうか、無理そうかを判断してから航空留学を検討してみましょう。

関連書籍


Private Pilot Test Prep 2015 + Tutorial Software


Commercial Pilot Test Prep 2015 + Computer Testing Supplement for Commercial Pilot: 2015 Edition


Private Pilot Manual