企業活動全体が「創造と開発(商品・サービス・業務改善など)」のトレンドに入っている!

情報編集力とは「新聞の解説型記事スタイルを基本に雑誌の特集コンテンツを作るチカラ」~情報共有→創造・開発→組織活性化を担う人材の潜在能力開発

ビジネス編集力10選

情報編集力とは「新聞の解説型記事スタイルを基本に雑誌の特集コンテンツを作るチカラ」
まず上の図解した図をご覧ください。おおむね、ビジネスマンにとっての情報編集力というものを総括し、現在、主流となっているWebメディアをはじめとするコンテンツマーケティングの構築に求められるスキルを表したものだということを頭に置いて、これからの記事を読み進んでいただきたいと思います。

情報編集力とは何か?~物語を描き共有価値として見える化する思考表現

「情報とは何か?」と問われたとき、皆さんはどういう答えをとっさに思いつくでしょうか。
それぞれのポジションや役割によってその答えは違うのが当然です。それだけ、情報とは曖昧な概念なのです。
新聞de元気山口編集La★boは「情報とは他者も自身も幸せになる価値」と明記しています。これは、情報全般を概念的に捉えた表現ですが、情報を編集する者にとっての1つの行動指針として間違いではないと考えています。
その理由は簡単です。企業は自社製品の販売のために広告やWebサイトを使って「情報」を発信します。消費者は問題を解決したりライフスタイルを豊かにするために「情報」を見て商品価値を判断します。両社が価値を共有することで、モノやサービスが移動しているのです。つまり、情報とは「価値を見える化し、使用イメージ」を共有したことになります。
では、使用イメージとはどういうことでしょうか?
商品・サービスの物理的な作用というよりも、少し先のイメージにつながっています。グルメなら「目の前に並んだ料理」と「場の和み」などです。実は、お客様はこの「未来イメージ」を求めているということになります。
この部分は、新聞de元気山口編集La★boのオリジナル情報論の重要なキーワードです。口コミ発生学もここを重視しますし、Webコンテンツ設計やインサイドセールスもこの投資判断に注目しています。

情報について少し前置きしたうえで、情報編集力に関連する言葉の定義をしておきましょう。新聞de元気山口編集La★bo独自に判断した「概念上の範囲」になりますが、独自情報論や実際に情報を編集して口コミ営業やインサイドセールスの成果を上げ、また人材の潜在能力を開発する場面でも同様の考え方で成果が得られる概念ということでご理解いただきます。
①情報編集力 ②編集力 ③ビジネス編集力 について以下、おおよその概念の範囲を紹介します。

①情報編集力
営業活動に必要な情報を論理的に理解し、広報宣伝ととmにWebコンテンツメディア戦略を構築するスキルです。また、社内情報共有化のための資料作成や報告書作成などのスキルも情報を編集するという行動から情報編集力に含むことができます。

②編集力
情報編集力が思考を見える化することで他者同士をつなぐ役割を果たすのに対して、編集力とは自己の思考段階でのA.創造力 B.論理力 C.行動力というような個人の行動につながる思考プロセスという位置づけができます。

③ビジネス編集力
情報編集力は情報を整理して再構築する作業、編集力は企画から行動を支える個の思考であるのに対して、ビジネス編集力は組織内で他者の潜在能力を導き出す編集作業全般を包括するスキルの概念ということができます。他者・社会性・自分の思考という3方向からキーワードや方向性をイメージし、客観的にコントロールし、組織力に変えるスキルがビジネス編集力です。

ビジネスマン必須のスキル10選と30日でスキルアップできる5つのステップ

まず最初に、ビジネスマン必須のスキルを10項目挙げます。続いて、これらのスキルが身につく簡単な方法を5つのステップに分けて紹介しましょう。
まず、検索ワードで一般に解説されている「情報編集力」について説明を加えておきます。
狭義の意味では、Webコンテンツの設計(検索対応用)です。もう少し大きな範囲で見れば、企画を含めたビジネスシーンでのシナリオの創造ということになります。新聞de元気の定義でいえば、Webコンテンツのシナリオ設計や記事執筆といういわゆる譲歩の編集作業は「情報編集力」、ビジネスシーンのシナリオという行動計画のような創造に関わる業務は「編集力(創造力・論理力・行動力)」に含まれます。
「ビジネス編集力」とは、さらに他者の潜在能力も引き出しプロジェクトもしくは組織運営のなかで情報共有化を実現するリーダーとしての業務ということになります。

〇狭義の意味もしくは企画など創造力を発揮する業務を含む情報編集力の鍛え方
狭義の意味もしくは企画など創造力を発揮する業務を含む情報編集力の鍛え方の一例として「読書をする」などの方法があります。しかし、小学生なら時間をかけて基礎からスキルアップする方法が適していますが、ビジネスマンは今日、明日から情報編集力を駆使してビジネス現場で行動が求められています。実際のビジネスの動きと関連して、情報編集力や10のスキルがどのように反映されているのか併せて評価すれば、コツがわかります。コツを知るための基本的な知識から活用方法まで5つのステップで紹介しておきましょう。
まず、ビジネスマン必須のスキル10選の紹介です。

ビジネスマン必須・情報編集力を基本としたスキル10項目

新聞de元気山口編集La★boのオリジナル情報論に基づく分類です。

項目 解説
1.情報編集力(総括) 編集力 情報編集力 ビジネス編集力 編集力の具体的定義はあいまいで個人個人が目的に応じて使い分ければ良いことですが、新聞de元気は1つの考え方として3つに分けてそれぞれの目標を定義しています。
2.文章力・図解力(編集力)・エディトリアルマイニング 論理的文章執筆力 図解思考と図解表現力 DTPデザイン ビジネス現場で必要なのは論理的思考に基づく情報共有です。その基本が論理的文章の執筆力と図解表現力です。また、ロジックの平面展開としてのDTPデザインも思考の確認と可能性の発見につながります。
3.論理・仮説・批判的思考力(編集力) 論理的思考力 仮説思考力 批判的思考力 思考力や思考方法は数多く存在しますが、基本的な3つのスキルが応用できれが、ほぼビジネス上の問題は解決うることができます。
4.質問・課題発見力(編集力) 質問力(状況把握プロセス) 課題発見力(思考プロセス) 状況を客観的に把握するための質問力と、課題を発見するための思考プロセスとは少し異なりますが、第一段階は「なぜ?」「どうして?」「現状は?」など単純な問いかけと他者への確認行動から始まります。
5.ひらめき力・企画力(編集力) ひらめき力(発想力) 企画力(創造力+論理的思考力) 発想の原点は様々ですが、市場ニーズやトレンド育成を考えると現状認識を無視することはできません。ある偶然によるひらめきとともに、創造力に基づく論理的な企画発案について考えます。
6.組織運営力・リーダーシップ(ビジネス編集力) 会議運営力(他者の発想を引き出す) 組織運営力(行動計画をマネジメント) リーダーシップ(計画遂行と部下の育成・能力開発) 組織を動かすためには、情報の共有とともに人材をマネジメントするスキルが必要です。ビジネス編集力という概念に含めます。
7.情報管理・発信力(情報編集力) 社内情報管理運営力 情報共有目的の発信力 業務システム改善力 理念などトップと組織の意向に基づく経営上の情報管理と社内への理解浸透、さらにプロジェクトや営業活動など個別の情報管理のシステム改善をリードする必要性も高まっています。
8.販促情報編集力(情報編集力) 広報宣伝情報編集力(PR) プレゼン資料編集力(共通理解) Webコンテンツ設計力(内製化) ヒアリング力(収集) 販売促進に関わる情報編集は今後も大きなテーマの1つです。マスメディアの活用とともに、パソコン編集やWebコンテンツなど内製化への対応も重要なテーマです。
9.コーチング力(個人目標と組織目標) コーチング力 コミュニケーション力 モチベーション維持力 自分自身のためのセルフコーチングとともに、部下など他者を導くコーチングの両方が求められます。目標設定と段階的なステップアップなど、計画性と心理面をコントロールするバランス感覚が求められます。
10.データ分析力(社内・社会) 社内数値データ 社会データ テキストマイニング ポイントは仮説構成のエビデンスとして客観的に収集あるいは分析できるかという点。自分でデータを分析する場合と、他者が集計したデータを違う視点で評価するスキルが求められます。

創造と開発の基盤スキルが情報編集力~人材の潜在能力開発とチームの創造力強化へ

情報の分析や評価から新たな価値や可能性を見い出す方法として、いずれも情報の見える化という観点から3つの方法が考えられます。3つのうちデータマイニングは数値データを扱うため、創造へとつながる思考モデルを主目的とした情報編集力と分けてみることにします。ここでは、情報編集力に関わるマイニング手法の範囲のなかで情報編集力を鍛える5つのステップを紹介します。

〇既存の枠に新たな工夫が必要~創造と開発の基盤スキルが情報編集力
なぜ?情報編集力を鍛えることが注目されているのでしょうか。
簡単にいえば、企業活動全体が「創造と開発(商品・サービス・業務改善など)」というトレンドに入っているからです。売上を作りだし企業を成長させるためには、従来のやり方を踏襲するだけではうまく展開していきません。チャレンジがないところには必ず限界が出てきます。直近対応もそうですが、中・長期的に見ても少しずつ新たな挑戦は必要です。その原動力になるのが、
 人材とチームの創造力 
というわけです。アイデア、工夫改善、時間短縮、企業競争力向上のためのあらゆる活動の基本は「人材」です。この人材を活用するための1つのキーワードが「情報編集力」なのです。情報編集力とは、
 考え⇒価値を共有し⇒チームで新たなチャレンジを行い成果を得る
そんな企業活動を支える新たな原動力になっています。

〇情報編集力の鍛え方~創造と開発につながる5つのステップ
情報編集力とは、大きくいえば
 ・テキストマイニング
   (一定の分類において傾向を見極め可能性を描き出す)
 ・エディトリアルマイニング
   (デザインがロジックの平面展開と仮説するなら=図解表現)
そして、
 ・データマイニング
   (データを統計学的に正しく評価する)
があります。データマイニングの手法は他サイトに任せるとして、上記2つの日常のビジネス業務で日々行っている情報編集の機会を使って、短期間に実践的な情報編集力がみにつく思考と実践モデルを紹介します。

 1.情報の構造を知る(新聞記事3つのスタイル)
 2.販促企画(プロジェクト)の客観的評価
 3.課題発見のポイント見える化と対応策の検討
 4.3次元要素の整理と仮説プランの策定
 5.広報宣伝資料作とWebコンテンツ記事設計

これらの実践手法を具体例とともに紹介します。最新記事はこちら