情報編集力は「物語を作る創造力」と行動を管理する「行動力」で成立する

なぜ?情報編集力が必要なのか。

なぜ、情報編集力が必須のスキルだと言われるようになったのか?
この答えは、簡単です。
ビジネスに必要な論理力や創造力、そして課題発見力や企画力、会議運営力、組織運営力などあらゆる活動の基本となるスキルだからです。つまり、仕事のできる人は高い「情報編集力」を備えているということになります。

さて、上記のリード文で何が分かったでしょうか。それぞれあると思いますが、ここでは文章構造の点から紹介してみましょう。
「なぜ?必要か」というA.入口(問題提起)と、「仕事のできる人が持つ基本的スキル」であるというE.出口(結論)は見えました。これで「なるほど。そうなんだ」と決めつけて、さっそく知ったかぶりをして同僚に話をすると、「具体的にどう活かすんだ」「どうすれば身につくんだ?」という問いが返ってくるでしょう。

 ・A.休日はリフレッシュを兼ねて野外バーベキューをしよう⇒入口(問題提起)
 ・E.実際に野外に出かけてバーベキューを行った⇒結果(結論)

AとEで表記していますが、これは間違いではありません。この間のB.C.D.が情報編集力を考えるうえで重要なポイントでもあるのです。まだ、この段階では思考イメージも曖昧で、しっかりと目に見えていないでしょう。
B.C.D.は、ひらめきから思考を詰めていく段階で浮かび上がる、個人の意思に基づいて集められる情報(さまざまな要素)なのです。
暑いからという理由であまり乗り気でない家族を説得するためには、「この日を逃したら、1か月先になる」「森林のリフレッシュ効果は〇〇」「ネット通販でこんなお肉を見つけた」など、さまざまな都合の良い情報を集めて、野外バーベキュー当日のイメージを創造させる努力をするでしょう。
計画を実行するリーダーは、日常生活のなかでも隠れた情報をピックアップして最適な物語を作っているのです。もう1つ隠れた重要ポイントは、基本的に「〇〇を喜ばせたい」という情熱があることも添えておきます。

新聞de元気山口編集La★boが独自に構築した情報論のなかで「情報とは他者も自身も幸せになる価値」と定義しているのは、基本的に、情報発信者は受け取る人たちがハッピーになることを想定して、その笑顔を見て自分の喜びにするという図式が成り立つはずです。これが、善良な企業(企画者)と悪徳企業(詐欺師など)との大きな違いです。

〇計画の背景にある曖昧な概念とは?
では、なぜリフレッシュにバーベキューなのでしょうか。自然の中のリラックス効果なのか、近くに手ごろなオートキャンプ場が完成したのか、行動(出来事)を思いつきに至った経緯があるはずです。日頃からキャンプや山歩きを楽しみ自然の環境で過ごすことの効果を知っているからかもしれません。
野外バーベキューの発想には
 ・個人的な趣味
 ・ニュースなど外部情報(トレンドやデータを含む)が気になっていた
 ・曖昧な目標として野外バーベキューをしたいという願望があった
などが影響していますが、これらは「Aの問題提起」の前にある曖昧な潜在意識が影響しています。

〇具体的な行動計画がなければ動かない
次に、野外バーベキューに出かけるためには準備が必要です。備品や消耗品はもちろん、お肉や野菜を用意する必要があります。いつ、どのぐらいの予算でどのぐらいの量を確保するべきなのか、参加人員によって違います。出発時間などスケジュールもある程度決めて、予約も必要になるかもしれません。家族で野外バーベキューに行くこと自体は簡単なことですが、準備段階には様々な要素が複雑に絡み合っているものです。通常は単純に頭のなかでイメージして決めているでしょう。
出来事(イベント)を楽しく有意義なものにするためには、企画者は大変な苦労をしているのです。

〇どういう成果を得て、次はどうしたくなったのか?
さて、もう1つ必ず行っている思考作業があります。計画を立て、準備をして、実行しました。そこには肉が足りなかったなど、さまざまな検証材料が出てきます。「次は、お肉のほかに海鮮も用意しておきたい」「フルーツもあったら良かったかも」「親しい知人と一緒に開催してみたらもっと楽しいかも」など、さまざまな目標が出てきます。反省し、次の目標を描いて、改善したイメージを広げる。これが、企業活動におけるPDCAと同じということになります。

〇情報編集力とは何か?
目的を持って1.企画し、曖昧な概念など背景にある思いや根拠としたデータを選び出して他者にも共通理解できるよう2.根拠を見える化し、全体を組み立てて3.個を反映させた物語を作り上げること、そして実際の4.行動を現場でコントロールすること。最後に、5.物事を評価・検証し次の方向性や可能性まで確認する行動モデル、これらの行動の支えになっている「創造力と行動力が情報編集力」というわけです。
 1.企画(個の思考もしくは社会性から浮かぶひらめき)
 2.根拠の取集と見える化(仮説に基づく収集になるため客観性が求められる)
 3.全体のシナリオを作る(論理的な組み立てと思いを見える化する具体的な演出手法)
 4.行動を管理する(組織マネジメント)
 5.検証しPDCAを行う(

〇情報編集力を鍛える簡単な方法とは?
以上の解説で、ある人はピンとくるかもしれません。「論理的」「仮説思考」「客観性」「PDCA」など、ビジネスの現場で頻繁に登場するキーワードがどんどんと出てきています。これをもし、第三者として見るとどうでしょうか。今度は、曖昧な情報を理解し共通理解するために「質問力」という側面が伴ってくることがわかります。

結局、企業や組織のなかで仕事のできる人はみな、高い情報編集力を備えていることになります。普通の人が情報編集力を身につけることは簡単ではないような気がしてきました。では、本当に難しいことなのか、次のページで詳しく解説していきましょう。