ネット社会を生き抜く情報編集力~ビジネスを成長させる3つの原動力

ネット社会を生き抜く情報編集力~ビジネスを成長させる3つの原動力

ビジネスシーンで今、起こっているのは「創造と開発(商品・サービス・業務改善)」です。同時に、ネット社会で今、起こっていることは「自己投資と自己決定」による商品・サービス・業務改善の購入動機の成熟です。欲しいものは買うが、価格が安くても必要のないものには目もくれません。そこでネット社会で注目されているのが情報編集力です。情報編集力には3つの大きなメリットがあります。具体的に解説していきましょう。


〇情報編集力がビジネス成長のカギを握る3つの理由
・商品価値が消費者に評価される検索サイトの表示結果 その欲しいかどうかの決め手になるのが、Webコンテンツなのです。検索ワードに対応した記事の質・量・更新、さらにシナリオの整合性と価値の明確化によって、検索ワードにも対応する、さらに同じWebサイト上の情報を流れに沿って読み進めるという滞留時間の問題も重要になっています。
つまりお客様ニーズにも対応した両立のコンテンツを持つWebサイトということになります。これが、検索した際にトップページに表示されるWebサイトになっていきます。また、その精度はAIによって高まり、良質の、個性を持つ情報に対して消費者が自己投資目的に適う価値があるかどうかを判断し、自己決定によって商品を手にするようになっています。
ポイントは、「テーマ」と「キーワードに沿った情報の組み合わせ」です。

・商品の組み合わせ価値 ネットの特徴として、同じ商品は価格の比較が行われることになります。例えば、特定の「A.ベッド」だったとしましょう。単体での価格は5万円で、他社は4万円で販売しています。どんなに情報を提供しても、これでは負けてしまいます。同一メーカーの同一商品なら、価格が安い方が有利です。
しかし、あるテーマに基づいて特定の「B.ベッドカバー」と「C.枕」をセットにして7万円(A.B.C3点セット)で販売をしたらどうでしょうか。単品だと1万円安い4万円で他社で購入されるベッドですが、自分の店なら7万円の売上が確保できます。利益も2万円から3万円と1万円も増やすことができます。
ここで重要なポイントが「テーマ」と「商品の組み合わせ」です。

・人材が情報編集力を駆使して行う創造と開発 上記2つから、「テーマ」が重要だということがわかります。そして「商品の組み合わせ」と「情報の組み合わせ」によって、消費者にアピールする情報が出来上がっています。ここで重要なテーマは、人間の創造力が生み出すものです。ベッドが「就寝時の横になる場所」(場所)という価値に止まらず、「インテリア」(デザイン)であり、さらに「自己のライフスタイルの欲求(時間と空間の演出)を満たす投資アイテム」という意味合いまで含んでいます。
具体的に言うと、写真と画面のデザイン・価格によって消費を喚起するのが「広告宣伝」です。その広告宣伝では売れなかったら、競合他社との競争に負けてしまうので新たな価値を生み出し、個の投資判断を満足させ自己決定により購入するしくみ、これがWebコンテンツの情報であり、その商品開発を行うのが人材の役割です。
人材には「創造」と「開発」を実現するスキルが求められます。このスキルが、情報編集力なのです。
人材に関わる部分で重要なポイントが「個性」と「利用シーンの見える化」です。

〇Webの滞在時間を長くするためには興味が持続する物語が必要

これで、Webコンテンツと商品と人材の関わりは見えてきました。3つのポイントで「価値」を生み出すために情報編集力が重要なカギを握っていることもわかりました。
では、具体的に何をどうすれば良いのか、他社に負けない商品を開発するための手順を簡単に解説します。
まず、Webサイトのコンテンツについて2つに分けて紹介します。1つは商品販売ページ、もう1つが検索対応型の集客Webコンテンツメディアです。地域の専門店の場合には、コミュニティ運営のための有効な情報媒体としても活用できます。
WordPressはコンテンツと記事が一体となったものですが、専門店の場合は日々記事をどんどん更新するわけではないので通常のスマホ対応サイトで運営する方が無理なく本来の経営に集中できるはずです。記事は集客のための手段であって、記事を書くことが本来の仕事ではありません。
まず、2つのタイプのWebページを紹介します。

・Webの商品販売ページのコンテンツにもシナリオがある
{商品販売ページ}
通常、商品というのはある「問題」を解決するアイテムとして存在します。育毛剤や化粧品などは代表的な例といえます。たとえば、育毛剤には「症状」に対して「原因」があり、「原因に至るプロセス」と「改善に向かうプロセス」によって「効果」が見えてきます。
「症状」というのは共通認識です。そして、「原因に至るプロセス」は双方が納得する共感認識と言えます。最後に「改善に向かうプロセス」という価値を共有することで、購入者は「改善が見込める投資判断」として購入を決断します。ポイントは、時系列のシナリオで心理が働く(期待が膨らむ)という点です。LPと言われるサイトも同じだと考えて良いでしょう。

 1.現在の具体的把握(状況の客観的確認)
 2.過去の経緯(症状が出始めてからの記憶)と背景の事実確認(遺伝など)
 3.現状と過去の経緯の客観的評価と商品(育毛剤A)との整合性の再確認
 4.改善効果(成分と働き・作用)⇒要素と効果データなどを具体的に紹介
 5.仲間の存在(口コミ情報による所属の欲求や安心の欲求)で否定フィルターを通過

もちろん、最終段階でインセンティブなどの特典が後押ししていることは間違いありませんが、おおむね上記の心理の動きが働きます。その途中で「投資判断」、つまり自分の症状と有効成分の働きを比較検討して自分のためになるかどうかを判断しています。そして、後押しとともに自分の判断で購入ボタンをクリックして入力画面に移るという流れです。
紹介した内容は、Webサイトの商品紹介内容ということで理解いただきたいと思います。

・検索対応型のWebコンテンツ記事はエビデンスを伴う検証番組と同じ構成
{Webコンテンツ記事}
Webサイトには商品ページ、LPのように作られている販売ページとともに、集客目的で公開されているWebコンテンツメディアがあります。
こちらの記事の書き方について一般的なスタイルを紹介しましょう。商品販売ページで「共通認識」「共感認識」「価値の共有」を挙げましたが、「改善に向かうプロセス」には必ず、成分やメカニズムの貢献度など、商品の特徴や効果を裏付けるエビデンス(根拠)というものが存在します。
記事はいきなり100本は書けないので、10本~20本として5つぐらいのカテゴリーに分けて考えます。
その前に、最初の掲載記事で来訪者の検索ワードやページの移動を見るためのコンテンツを用意しましょう。

  1.検索ワードを調べる(グーグルサジェストなど)
  2.任意の検索ワードで検索し登場するサイトの注目ワードを見る
  3.全体テーマを決めてキーワードとストーリーを決める
  4.記事を執筆し見出しやメタワード・メタディスクリプションを書き込む
  5.サイトマップの登録をして(放置しておいてもよい)アクセス解析を使って分析してみる

スタートのコンテンツはこれで完成です。最初から記事数を増やすことを考えるより、確実に全体テーマを反映しているかなどを客観的に見ておきましょう。グーグルのサイトマップ登録時に「サイトマップの登録」をするようになっていることからも、全体の構成と整合性が取れているかが1つのポイントといえます。

記事は、テーマと検索ワードに応じてシナリオを作ります。つまり、情報編集力とは
 ■全体のシナリオを作る
 ■個別の記事で物語化する
2つの編集テクニックだということがわかります。当然、検索対応の知識が必要ですが、簡単にいえば、わかりやすく来訪者のためになるコンテンツが良いコンテンツと判断されると考えて良いでしょう。