スカパー!について紹介していきます

動画紹介#1


 スカパーを契約している人が周りにいないからどんな感じなのか 聞いたことがないという人もいると思います。そんな人に向けて ここではスカパー!歴10年以上だからわかるスカパーの本当のメリット・デメリットを まとめた記事にしています。 参考になれば嬉しいです。




スカパー!のメリット

なんといってもまずメリットを説明していきます。

2週間無料お試し

B-CASカード毎に1回2週間の無料お試しが利用できます。 テレビとレコーダーならB-CASカード2枚なので2回無料お試しが 利用できます。しかも全チャンネル視聴できます。

豊富なチャンネル数が魅力

スカパー!では69チャンネルあります。地上波やBS放送にくわえて スカパーが増えると本当に録画予約が大変ですが、楽しくなります。

基本となるパックのチャンネル数はスカパー新基本パック47チャンネルです。 ちなみにプレミアムはプレミアムパック63チャンネルです。

興味深い専門チャンネル

映画、海外ドラマ、スポーツやドキュメンタリー・音楽など 専門チャンネルには個性的な番組が多くあります。 他では見れない番組を視聴できるのが有料多チャンネルの魅力のひとつです。

お得なパックで多チャンネル見放題

なんといってもお得なパックが魅力です。47チャンネルあると家族全員の好みを カバーできます。ちなみに1チャンネルからでも契約できるで専門チャンネルを ひとつということもできます。

例)スカパー!新基本パックの月額料金

基本料421円+視聴料3,672円=合計4,093円
音質・画質が良い

スカパー!は映画、スポーツ、音楽を中心にフルハイビジョン放送に対応。また、5.1chの放送も豊富です。 プレミアムの場合は全チャンネルフルハイビジョン、4K放送対応です。

日本初放送・不屈の名作

映画や海外ドラマで日本初放送があるのも魅力。 また、アメリカ以外の作品も放送されるのも良いところです。 個人的にはヨーロッパ、北欧の海外ドラマや映画など放送されるのを楽しみにしています。 さらに名作の放送もあります。デジタルリマスターで放送されることもあります。 こういった作品もファンなら抑えたい名作をとりそろえていてすばらしいです。
あと、映画の吹き替え特集などいろんな企画があって楽しいです。

独占放送

サッカーや野外ライブやコンサートで独占放送があります。 海外アーティストのライブやドキュメンタリーなどレンタル店や動画配信サービスで 視聴できない番組が観れると加入していて良かったなと感じる瞬間です。

オンデマンド放送

パソコンやスマホでオンデマンド放送に対応しています。 これは契約しているスカパーのチャンネル毎に視聴できるものが決まってきます。 たとえば、ムービープラスを契約している場合はムービープラスのオンデマンドが視聴可能です。 基本テレビで視聴するのですが、ベッドでスマホで見るのもちょっと楽しいので オンデマンドはおすすめ。

解約・再加入は基本無料

アンテナを撤去しないなら、ネットや電話で解約はすぐにできます。 しかも解約手数料や工事費が必要ないのです。 ケーブルテレビやインターネットテレビなら解約のときの撤去費用・工事費が 必要ですが、スカパー!は解約で費用がかからない。 また、1年以内の再加入で条件を満たすと再加入割引で加入料が無料となります。 再加入割引は契約者の氏名・住所・電話番号などが解約前と同じということが条件となります。

スカパー!は録画予約が簡単

手持ちにレコーダーが110度CSデジタルチューナー内蔵なら地上波を録画する方法と 同じようにBSやCSのスカパーの番組を録画予約できます。 ケーブルテレビやプレミアムサービスなどは専用チューナーが必要となります。 この場合、録画するときにはレコーダーとチューナーの2箇所で録画予約が必要です。 もちろん機材を連動することもできる場合がありますが、対応機器同士でしかできないのです。

スカパーHD時代にはチューナーと録画機器で同じ予約を2度やることに結構面倒に感じていました。 録画機器の自動で時間延長する仕組みがあっても意味がなかったりと他メーカー同士の機器を連携させるのは 結構無理があります。 その点スカパー!なら手持ちのレコーダーをそのまま使えるのでレコーダー本来の便利な録画機能がそのまま スカパー!録画でも使えます。

それと地味ですが、地上波、BS、スカパーと全部を同じレコーダーで録画できるのは便利です。 たとえば、専用チューナーの中には録画機能がついた機器もあるのですが、 この場合、地上波とCS放送で録画される機材が異なるので見たい番組を探すときに結構不便です。



スカパー!のデメリット

ではデメリットについても説明していきます。

アンテナ調整が難しい

マンションなどでCS対応のアンテナが設置されている人には関係のないことですが、 戸建やCS未対応の就業住宅なら屋根かベランダにアンテナを設置することになります。

ベランダにアンテナを設置するときにアンテナの向きを調整するのが、 本当に難しい。数ミリ単位で動かしてアンテナレベルを調整した ことを記憶しています。角度と向きを調整するのですが、専用の機材もなかったので マニュアルを読んで感覚だけで調整しました。

結論としてベランダの場合は、まず一人で設置できます。 しかし、1時間くらい格闘する気合はいります。 アンテナ取り付けができるか不安な人や面倒な人は業者にスカパー!経由でも依頼できます。

猛烈な悪天候には弱い

スカパーHD(現在のプレミアムサービス)だったころ、ベランダに アンテナを設置していたのですが、たまに豪雨の日にはまったく視聴できないチャンネルがありました。 全チャンネルではないのですが、見れないチャンネルが多数でてきます。 当然、録画もブロックノイズばかりとなります。そうなると音声も途切れるし見れたものではないです。 本当に滅多にないのですが、かなり残念な気持ちになります。

スカパー!セレクト10やセレクト15を作ってほしい

スカパー!では見たいチャンネルを5つ選択できる「スカパー!セレクト5」があります。 5チャンネルでは少ないので10や15チャンネル選択できるパックを作って欲しいですね。 プレミアムサービスなら15チャンネル選択する「プレミアム15」というパックがあります。 以前スカパーHD時代にはよく15チャンネルを選択するパックを利用していました。 数ヶ月に一度見るチャンネルを変更していたのですが、結構便利でした。 もちろんチャンネル変更には手数料が必要なのですが、それでも時期によって 契約チャンネルを変えれるのは便利でした。

加入料と基本料が必要

料金の不満なポイントです。加入料は3,024円です。しかし、加入料無料のキャンペーンをよく実施しているので そのタイミングを狙うと0円です。 あとは基本料421円です。これはパック料金やチャンネル料金とは別に請求されます。





おわりに

いろいろと書きましたが、今もずっとスカパー!を契約し続けており満足しています。 他では見れない番組を見れることが最大の魅力です。また、テレビで見る番組表のほとんどが 視聴できる状態というのは結構満足感があります。

そして家族みんなで楽しめるスカパー!は今後も契約しくいくでしょう。 この記事が加入を検討している人の参考になれば嬉しいです。