レトロゲームブームの再来⁉続々と登場する高機能互換機‼

【レトロゲームにブームの波⁉】



Nintendo Switchが発売されてから未だにずっと品薄状態が続く好調な売れ行き、すごいですよね!!
そんな一方で、ファミコンを含めたレトロゲームにブームの波がきています。アメトークなんかでも「ゲームセンター芸人」や「思い出のファミコン芸人」が放送され、みてて懐かしく思ったり、また遊びたいと思った人多いんじゃないでしょうか。

2016年11月に発売された「ニンテンドークラシックミニ」はあっという間の完売で入手できずにくやしい想いをした人もたくさんいると思います。(私もそのひとり・・・。)

その後、追い打ちをかけるかのように生産一旦終了と報じられ愕然としましたが、その理由がミニスーパーファミコンをクリスマスに海外に向けて発売するためとか・・・。すでに開発は進んでおり、そうなると国内に向けての発売だって可能性は十分あります。
「もう~早く言ってよ~~~。」ってカンジでテンション上がりまくりです!!

それでも、Nintendo Switchの増産なんかを考えると、なかなか入手できない状態になる可能性があるのかなと思ってしまいます。

【レトロゲームの新作や続編が登場している】

かつて大手メーカーで人気ゲームを制作をしていたクリエイターたちが、近年独立をして続編やリメイクのソフトを次々と発表するといった現象が起きています。
2Dアクションゲームの「モンスターワールド」がレトロゲームの良さを維持した形で再登場したり、ドラクエⅪだと2Dモードでプレイできたり、互換機にも対応した新作スーファミソフトの発売、ミニスーファミにも新作が含まれていたりと、レトロゲームに対して「また楽しみたい!」「懐かしくプレイしたい!」と思うユーザーへの刺激がファミコンなどの中古ハードの需要を高めているといるのではないかと思います。

【レトロゲームの互換機の登場】



現在では、過去に流行したゲーム機の特許権が切れたことにより、様々なメーカー各社で手頃な価格で購入できるレトロゲームの互換機が発売されるようになりました。
その中でも11機種に対応する至高の互換機「レトロフリーク」の登場により「あの時のソフトをまた楽しみたい!」というプレイヤーの願いが叶いやすい時代になってきたとも言えます。

■名作ぞろいのレトロゲームを遊ぶなら11台の互換機能レトロフリークがおすすめ!