おすすめのリクガメ飼育用品 ぴーす

各ページにある★私なりの飼育用品★をまとめました。

保温球は、白、赤、紫、青、ハロゲンなどたくさん試しました。サーモスタットに繋げると設定温度になると明かりは消えて、下がると明かりが点き、点いたり消えたりします。その度にリクガメは、首を引っ込めて驚きます。かなりのストレスになるだろうと考えて、光を発しないセラミックの「セラミックヒーター」にしています。光を発しないので作動しているか確認することと点いていて熱くなっているときに触れてしまわないように火傷には注意しています。

赤い保温球は、光を出す保温球の中では、遠赤外線により体の芯まで温めるのでおすすめです。
■保温球

クリップスタンドは、「ひまわり」がおすすめです。ソケットの外側に穴があいていて熱を逃がしてくれます。以前は他のクリップスタンドと同じようにあいていませんでした。この部分は保温球のW数が大きくなるほど、熱を持ち高温になります。改良されてよくなりました。それと黒色の塗装が金属になじんでのっていてきれいです。
■クリップスタンド

サーモスタットは、以前に販売されていたGEXの爬虫類サーモを使用しています。とても使いやすいです。現在は、タイマーサーモになりましたね。デジタル式で保温球と照明も繋げて管理できますので、デジタル式サーモスタットでよいと思います。デジタル表示されているのがセンサーの位置の温度であり現在の温度も分かります。異常を知らせるアラームもあります。

ダイヤル式は、設定したい温度にダイヤルを合わせるだけですのでシンプルで使いやすいですね。ダイヤルが動かないように注意します。
■サーモスタット

底面ヒーターは、リクガメには「スーパー1」がよいです。固いパネルで防水です。甲羅が柔らかいベビーの時は、ピッタリ適温の方が温度も低くよいです。もしくはパネルヒーターは敷かないで保温球だけの方が安全かもしれまん。
■底面ヒーター

上部ヒーターは、リクガメのケージは観賞魚用のライトケースを使用した紫外線蛍光灯のため、設置したことはないです。リクガメには暖突の温度だけでは足りないことが多いため、保温球+クリップスタンド+サーモスタットが適してると思います。
■上部ヒーター

温湿度計は、アナログでもデジタルでも見やすければどちらでもよいと思います。デジタルは電池交換がありますね。うちは園芸用のデジタルを使用しています。まだ爬虫類用品では販売されていませんでした。特に園芸用でも室内用でも問題ないです。水が掛からないように注意しています。
■温度湿度計

えさ水入れも商品のところに記述したようになります。飼育当初は、衛生面を考慮して紙の上にごはん(野菜)を乗せて、紙は使用後に捨てていました。その後は、えさ入れも購入してケージに入れていましたが、現在は・・床材の上に置いています。床材がごはんに付かないように置いています。人工フードは、床材が付いて混ざってしまいますので、えさ入れを用意してください。
■えさ水入れ

床材は、「バークチップ」を使用しています。木片なので水分を含ませると保湿効果もあります。

ホシガメにも使用していまして、時々バークチップに霧吹きで水をかけて保湿をしています。難点は、バークチップの上は歩きづらそうですね。敷いているのは一部だけで床全体ではありません。板を敷いていてその板の部分や底面ヒーターのパネルヒーターのスーパー1の上は床材はないです。ホシガメのケージには湿度アップのために水入れも入れています。ホシガメには水入れは、必需品です。

ホルスフィールドリクガメ(以下ホルス)にはたっぷりと厚めに敷いています。身体が隠れるほどに敷いてます。穴を掘って生活しているリクガメですので多めに厚く敷きます。うちでは、ホルは冬眠をします。床は、バークチップだけです。スーパー1は敷いていません。寒くなるとバークチップにガシガシと潜っていきます。冬眠する時には更に床材を追加して多く入れています。ちなみに保温用品の保温球もありません。あるのは、ケージと床材と紫外線ライトだけです。冬眠すると紫外線ライトは使用しません。点灯させませんので一年で約半年しか使用しません。

ホルスとも約半年しか会えません。暦どおりに啓蟄の頃に何事もなかったように長い眠りから起きてきます。長い寒い冬は終わり、春が、来たのです。
■床材

紫外線ライトは、ライトケース紫外線蛍光灯を取り付けて使用しています。全体的に照らせます。光も電球よりは漏れなくてまぶしくありません。

紫外線電球は、リクガメが自ら近寄って紫外線を調節できるようならよいです。近づけば紫外線力は強くなり、離れるほど弱くなります。距離が近いと強すぎてしまい、距離がありすぎますと効果はありません。人には照らさない方がよいので工夫が必要です。カバーは照射している部分しか効果はなくなります。
■紫外線ライト

フードは、私はリクガメには市販のフードは上げていません。野菜をあげていて、時々カルシウムやミネラルを適量に野菜に振りかけています。

野菜を上げられるようなら野菜がよいです。バリバリ食べている姿は力強く、時にはぎこちなく、見ていて楽しくもあり、なごみもします。食べている=生きているです。食べる野菜は、不思議なことにリクガメごとに違うこともあります。同じ種類でも、ニンジン好きやまったく食べないニンジン嫌いもいます。

野菜は、小松菜を主食にしています。そこに日によってキャベツ、トマト、ニンジン、カボチャなどを少量添えています。水分補給には、キュウリ、レタスなどを上げています。果物は、特に上げる必要はないですが、リンゴ、バナナ、スイカ、イチゴなどを食べるリクガメもいます。栄養のある小松菜を食べなくならないようにしています。
■フード 栄養剤

※私なりの飼育用品のコメントは、私の使用した商品の感想になります。生体や飼育環境により使用する飼育用品は異なります。

★アマゾン爬虫類ページ ランキングもあります

🌿リクガメ用品 爬虫類用品 カテゴリ🌿

🔶リクガメ飼育用品通販 ぴーす TOP

🔶保温用品 保温球 クリップスタンド サーモスタット

🔶保温用品 底面ヒーター 上部ヒーター パネルヒーター その他のヒーター

🔶紫外線蛍光灯 紫外線電球 ライトケース

🔶クリップスタンド 温度湿度計 えさ水入れ

🔶床材

🔶ケージ キャビネット 水槽台

🔶フード 栄養剤

🔶リクガメ 爬虫類 飼育本 その他

🔷おすすめのリクガメ飼育用品

🔷サイトのご案内 +リンク集

🍀リクガメ飼育用品通販ぴーすの更新内容


★アマゾンの「爬虫類」ページへいきます。
★アマゾンの「リクガメ」ページへいきます。


★楽天市場の「爬虫類」ページへいきます。
★楽天市場の「リクガメ」ページへいきます。


★ヤフーの「爬虫類」ページへいきます。
★ヤフーの「リクガメ」ページへいきます。