一人暮らしのおすすめラグまとめ!

シャギーラグで高級感を演出!

実際にラグマットをお部屋のインテリアに取り入れてる方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?

ラグマットをしかずに直接フローリングに座る方もいるでしょう。
しかし、友人や特に女性を部屋に招くなどしたときには、「どこに座るの?」と言った意見も多く聞かれるので、やはりラグマットぐらいは敷いておくべきだと言えます。

ラグマットはお部屋の雰囲気を左右するインテリアであり、お部屋の居心地を快適にする重要なアイテムです。
しかし数多くあるラグマットの中からどのラグを選べばいいのか?と悩んでしまう方も多いかと思います。
そこで今回は、そんなあなたにおすすめしたい!
スタイリッシュでおしゃれに、一人暮らしのお部屋を快適にするラグマットをご紹介したいと思います。


ラグマットに必要な要素は色々ありますが、重要なのはまず肌触りの良さとクッション性。
直接肌に触れる機械も多いので、不快感を感じる肌触りでは失格NG。
クッション性については用途に応じて変わってきますが、少なくとも床の硬さを感じさせないクッション性のあるものが必要です。


一人暮らしにはシャギーラグがおすすめ!
その理由について
ワンルームの生活だとラグに触れている時間は自然と長くなります。
なので、肌触りの良さは重要な要素になるのではないでしょうか?
一人暮らしのラグを選ぶときにはやはり素材を重視して選んでほしい。

シャギーラグは特に毛足が長く高級感ある雰囲気とふわふわとした心地良い肌触りが特徴のラグマットです。
肌触りの良さから女性からの高い人気と支持を得ております。
女性を招いたときなど好印象を与えることができるのではないでしょうか?
また、保湿性と通気性に優れているので冬は暖かく、夏はサラッとお過ごしいただけます。




シャギーラグの知識を身に着ける
シャギーラグの素材には大きく分けて2種類あります。
コットンやウールなどの天然素材とポリエステルやナイロンなどの化学繊維です。
特に天然素材のコットンのシャギーラグは肌触りが良く静電気が起こりにくかったり、ウールのシャギーラグには湿気を吸収してくれるなどのメリットなどがあります。
ただ、繊細な毛先はとても心地良いですが、汗を吸ったり汚れると毛同士がからまってしまうこともあります。
シャギーラグを買った時の状態を保つにはやはりそれなりの手間がかかってしまうものでもあります。

シャギーラグには水洗いが出来ないなど掃除が大変なものもありますので、
一人暮らしの方には、天然素材のシャギーラグより価格が安く、掃除の手間なども考えると毛束のしっかりとした化学繊維のものがおすすめになります。
また、化学繊維それぞれに特殊加工を施したものも多く、防水や防虫など様々な機能が備わってるものもありますのでそういった面からもおすすめです。

シャギーラグは、定期的に掃除機を掛けて頂ければいいのですが、長い間使用するとやはり食べこぼしなどのシミや汗を吸ったり汚れが気になってくるものです。
汚れが気になる方は洗濯できるタイプのラグマットを選んでください。