迷ったら使い勝手の良いポリエステルがおすすめ!

ラグ素材、その選び方と特徴について。

ラグの素材選び、その種類と特徴について
数多くあるラグの素材ですが、その素材のそれぞれに特徴があり機能の違いにもなります。
ラグを選ぶ上で最も気になるポイントでもありますので、
ラグを購入される前に商品詳細などをよく見て確認しましょう。

ウール
天然繊維のウール、天然素材ならではの風合いが魅力。
冬は暖かく夏は涼しく過ごせ、優しい雰囲気のある人気素材です。
優れた特徴として、吸音性・染色性・吸湿性・燃えにくく燃え広がりにくい・クッション性・保湿性・汚れにくく水分を弾きやすいなどの点があげられます。
親水性が高く湿気を吸収してくれるので室内の湿度調整にも役立ちます。

欠点として、虫やカビに侵されやすいですが防虫加工で解決できます。
又静電気が起こりにくく掃除がしやすいですが、価格が高めで購入後しばらくは遊び毛が出やすい点もあげられます。
繊維製品の機能加工と言えば給水速乾、防汚加工、防炎加工など色々ありますが、
天然素材でありながらそれらを兼ね備えた繊維がウールです。
厳しい環境でも快適に過ごせるようにそなわった羊毛から紡ぎだされた糸は、吸湿・放温性も良く一年を通して快適にご利用頂けます。
又、たんぱく質を成分としている為燃えるときに炎が出ず難燃性にも優れ、繊維の表面にある脂分は汚れを付きにくくします。
化学薬品による機能加工ではないので環境にも優しいエコな繊維です。

コットン(綿)
天然繊維の中では比較的価格も安めで人気の高い素材です。
特徴として、吸水性が良く心地いい肌触り、熱にも強いです。
吸水性がいいから汗をかいてもべとつかずサラッとした生地感、綿100%のラグは夏場の敷物にぴったりです。
デリケートな肌の方にも安心してご利用頂ける自然素材です。
欠点として、縮みやすくしわになりやすく、長時間日光に当たると変色しやすい点などがあげられます。

水分の吸収性や発散性に優れ通気性に特徴があります。
夏場のサラッとした感じのラグをお探しなら、麻を混合しているものがオススメ。
欠点として、価格が高めでしわになりやすく、摩耗すると毛羽立ちます。

ナイロン
業務用を中心に幅広く使用されています。
その特徴は、非常に強く軽い点。
引っ張り強度は特に強く、摩耗強度も他の繊維に比べ格段に優れ、薬品や油、又害虫を受け付けない耐久性に優れた点です。
特に1本の長い繊維から作られるナイロン素材(BCFナイロン)は遊び毛や毛玉が出来にくく清潔で子供部屋に最適です。
又、汚れが落ちやすく速乾性が強い、擦り切れにくいなどの素材の特性から歩行量の多い場所(ホテル・施設)などに多く使われています。
欠点として、他の化学繊維よりもコストが高く、静電気が起きやすい点。

ポリエステル
石油を原料とした化学繊維。
価格も安く、ムダ毛も出にくい、最も流通している繊維で、ラグのほとんどがこの素材を使用しています。
特徴として、弾力性・耐久性・防汚性に優れている点です。
弾力回復率が高く、しわや型崩れの心配がなく、水による収縮も起きない形態安定性に優れています。
吸湿性が少ないため乾きが早く、摩耗に強くしわになりにくいなどの優れた点があります。
又、合成繊維の中では最も熱に強く、日光や薬品にも強い為、カビや虫に侵されにくい面もあります。
欠点としては、静電気を帯びやすい性質があげられます。

い草
夏にぴったり!夏のラグと言ったら、い草ラグ。
見た目も涼しく触り心地もべたつかない、敷くだけでお部屋に自然な雰囲気が広がります。
ほのかに香るい草の香り癒し効果をたっぷりと感じられるのが特徴的。
長く座っても痛くないように少し厚みのあるものがおすすめです。

特徴として、い草が呼吸することで空気を綺麗にしてくれる空気の自然浄化作用や、
ジメジメとした湿気をすったり、乾燥している時は蓄えた水分を放出して湿度を調整してくれる、湿度の調節作用などがあげられます。

まとめ
どの素材を選べばいいのか迷った時、ラグを使用する場所をイメージしてみてください。
おすすめ素材
ダイニングには、汚れや害虫に強いポリエステル。
洗濯機で丸洗いできるのでいつも清潔にご利用できます。
食べこぼしなどの汚れも気にせず、リラックスして食事を楽しめますね。
リビングには、快適性の高いウール。
子供部屋には、清潔で丈夫なナイロン。
などなど。
ラグの素材は豊富にあります。それぞれの素材の機能や特徴からあなたの生活に合った素材を選んでください。
どうしても迷ってしまったら、比較的使いやすい「ポリエステル」がおすすめです。