ラグを敷くメリットとは?

ラグの役割について。



皆様のお部屋の床は畳ですか?フローリングですか?
お部屋の床と言えば、フローリングが主流となっている現在。
すっきりとしたお洒落な見た目と清潔感から、人気のある床材ですよね。

ただ一方で、フローリングは硬くて冷たく、歩くだけで埃が舞ったり、足音や物音など音が響きやすいという面もあります。

ラグはフローリングの上に敷くことによって、より快適な空間を演出し皆様の暮らしを快適にするアイテムです。
しかし、ラグのメリットとデメリットについて、まだよくわからないって方もいらっしゃいますし、
まだまだ誤解している部分もあるかと思います。
ラグのメリットとデメリットについて考え、より理解を深め実際購入されるのかどうか検討されるのが良いかと思います。

では、ラグにあるたくさんの役割を一つずつ見ていきましょう。


埃やペットの毛などを吸着。
フローリングは一見清潔に見えますが、歩いたりする人の動きや風で埃が空中に舞い上がってしまいます。
また、素足で歩いたりと常に汚れやすく、目に見えないハウスダストも溜まりやすいため手間がかかせません。
頻繁に掃除機やフローリングワイパーなどで掃除すれば問題はなさそうですが、大変な手間になり億劫な方もいらっしゃると思います。
それに比べラグは、埃やペットの毛などを吸着し拡散するのを防いでれるので、空中に舞い上がる量は格段に減り衛生的です。
日常生活に潜むウイルスやあれる対策にも効果的、定期的にラグの表面の埃などを吸い取るだけなので掃除の手間も格段に減り、ハウスダスト対策にもなりますのでラグを敷くことをおすすめいたします。

しかし、逆に考えると吸着してくれると言うことは表面に埃などがたまっているということ。
さらに、フローリングに比べ埃などが目立たない為、掃除を怠るとラグ自体とても不衛生ということになります。
吸着してくれることがデメリットにもなりえるので定期的にお手入れは必要です。
また、汚れのシミに関しては洗濯機で丸洗い可能な洗えるラグなどもありますので、清潔に保つ事が出来ます。


防音効果がある。
フローリングなどの硬い床材は音が響きやすいですが、ラグ敷くことにより気になる生活音を軽減することができます。
まら、ラグの中には防音加工したものもあり、より高い効果が期待できます。
特に、マンションやアパートなど特に上階だと下の階に迷惑がかかることがありますが、ラグを敷いとけばその心配も少なくなりご近所トラブルを防ぐことにも繋がります。
ついつい遊びに夢中ではしゃぎすぎてしまう小さなお子様がいるご家庭にもおすすめです。
ラグは集合住宅のフローリング床には必須と言ってもいいかもしれません。


クッション性
座ったりゴロゴロ寝転んだり、膝をついた時の心地よさも重要です。
フローリングの上でももちろんできますが、せっかくなら気持ちよく寛ぎたいですからね。
硬いフローリングに直に座っていると、関節や筋肉を傷めてしまう事にも繋がりかねません。
ラグを敷くことによって、フローリングなどの床との間にクッション性ができ関節や筋肉にかかる負担が少なくなり、快適に過ごせます。
ラグを敷くだけで体への負担を軽減してくれるのです。
また、ある程度厚手のラグのほうが高いクッション性を発揮し、転倒時の保護にも役立ちます。
ラグの上なら頭をぶつけたときなど、衝撃を緩和してくれるので思わぬ怪我の防止にも役立ちます。


床をキズから守ってくれる。
硬いフローリングなどは傷がつきやすいという面もあります。
ラグを敷くことにより床への傷防止にもなります。
床の保護は特に賃貸物件では重要なポイントです。


冬でも足元温かく。
空気の重さの関係で床付近に冷たい空気が集まりやすく、床付近の冷たさに加え、フローリング自体がそもそも冷たくて冷えやすくなっています。
ラグを敷いとけば床の底冷えを抑えてくれます。
ラグの繊維の間に含まれるたくさんの空気が高い断熱効果を発揮、高い保湿性で床からの冷えを防ぎ、夏は冷房の冷気を蓄え涼しく過ごせます。
特に毛足の長いラグは保湿効果が高い為、光熱費の節約にもなり経済的です。


お洒落に存在感あるインテリアアイテム。
デザインや形、素材など豊富にあるラグは、インテリアアイテムとしてお洒落なお部屋の空間づくりに欠かせないアイテムです。
ラグは使用する面積が大きいのでその分影響力があり、ソファやカーテンなどと同様に存在感も抜群です。
ラグ1枚によってそのお部屋の空間のイメージも変わり、他の家具と合わせてお部屋全体をお洒落な空間に変えることだって可能、完成度も格段に高まることでしょう。
またラグを敷いておけばその上で座ることもでき、床に座っての作業も簡単にでき、スペースの有効活用範囲も広がります。
ベッド脇やソファの前など生活空間を区切って利用することで、お部屋の中にメリハリができお洒落な空間を演出することができます。




このエントリーをはてなブックマークに追加